STUDIO MARIPOSA  あをむし日記


オーダーメイドジュエリーの制作過程や作品をご紹介 
by まりぽぉさ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

初!! ゼップ難波 ライブ参戦!

  **5/25  今日の誕生日石  ブルーアンバー**

あっという間に10日以上経ってしまったのですが、5月13日に初めてZEPP難波へオールスタンディングライブを見に行きました。
b0238760_2319598.jpg


誰のライブかと言いますと…
b0238760_2319895.jpg

はい、さだまさしです。
「さだまさしがライブハウスでオールスタンディングライブ!?」というお声が聞こえてきそうです。そうなんです。
しかも、30歳以下の為のライブツアーとのことで、30歳を少しオーバーしている私がチケットを買っても良いものか、悩みながらチケット屋さんに行きました。
店員さんにも「この会の趣旨としては、30歳以下、または30歳以下だと言い張れる方とのことですが…」とわざわざ確認され、即座に「30歳以下だと言い張ります!」と答えて、無事にチケットをゲットし、やや若作りをして会場に向かいました。
b0238760_231917.jpg

いざ、ホールに入ってみると、なぁんだ、私なんかまだまだ若造ではないですか!
2で割ってもアンダー30にならなさそうな方だって、けっこういます。

どうみてもうら若き乙女の声ではない、若干低めの「まさし!まさし!まさし!」のコールに呼び込まれて、1曲目を歌ったあと、「ライブハウスの恐ろしさを思い知らせてやる〜!!」とさださんが紹介したのは「湘南の風」の若旦那。
彼はやんちゃしていた頃に友達が持ってきたカセットテープに録音された、さだまさしの「関白失格」のを聞いて衝撃を受け、歌の道を志した、ということは知っていたので、もしかすると来るんじゃないかな〜という予感はしていたのですが、想像以上に何曲も何曲も熱唱を聞かせてくれました。
会場が沸騰しそうなくらいの熱気の中で、腕を突き上げ、ジャンプしまくって聞いていたので、足が筋肉痛になるほどでした。
やっぱりライブはこうでなくちゃ! でも、これは気持ちはアンダー30でも、体はオーバー50あたりの方には相当キツかったんじゃないかしら。。。

アンダー30と銘打ったのは、若い方に聞いてもらいたかったのはもちろんですが、さださんが30歳までに作った曲をメインに歌う、ということもあったそうです。
聞いたこともない曲もありますが、それでもさださんの歌は沁みます。

なりやまないアンコールの拍手に、呆れながら何度もステージに戻って歌ってくれ、しまいには「もう、帰って」といわれるほど。
はぁ〜、良かったなぁ。。。と思いながら出口に向かう途中で、明らかに若い女性2人が私のすぐ後ろで熱く語っていました。
さだファンの友人に連れて来られたらしきその女性は、
「いや〜、すごいよかったわぁ!ほとんど知らない曲ばっかりだったのに、何度も涙出そうになったわ。ベスト盤のCD買おうっと。」とすっかり洗脳された様子。
きっと連れてきた友人のお年を考えると周りにさだファンは少ないでしょうから、語り合う人がいなかったのでしょう。洗脳、大成功です!
連れて来られた側の女性はさらに熱にうかされたように「そうだ、○○ちゃんの誕生日プレゼント、何にしようかと思っててんけど、このCDにしよ〜!!」とまで言っています。
聞こえてくる会話に嬉しく思いつつも、「いやいやいや、あなたは今、このライブの空気に包まれて、さださんの歌がどんなに良かったか体感してるけど、お誕生日プレゼントにファンでもなんでもないさださんのCDをいきなりもらっても、それは多分困惑にしかならないと思うんだけどなぁ〜」と改めてじわじわと浸食する力の強さを思い知ったのでした。

かくいう私も、高校生だった頃、クラスメートのハマちゃんが帰り道に「ねぇ、さだまさしの曲、聞いたりする〜?」とライブでのトークの面白さや曲作りへのこだわり(そのとき教えてくれたのは「シラミの歌」でした)、歌詞の深さについて熱く語ってくれたことが発端でした。
それから四半世紀、ハマちゃんが今どこでどうしてるかも知らないのですが、重いカバンを抱えて、不退寺の横を歩きながら聞いた話は今になって私を洗脳しているのでした。

*********************************

さださんの歌でも命について考えさせられることは多いのですが、私はここしばらくあおむしの命に日々向き合っております。
b0238760_3172347.jpg

我が家の小さな山椒の木にうみおとされたアゲハの卵からここまで大きくなりました。
頭のように見える部分の後ろに入る1筋の青い色がたまらなくきれいです。

柔道部かアメフト部の男の子のごとく、がつがつ食べまくったあとがこちら。
b0238760_3172792.jpg

背後に見える枝はすっかり丸坊主で、葉っぱの軸しか残っていません。
それはもう、ぷっくぷくに丸々と太ったこの子の成長を見守っておりましたが、昨日、姿を消しました。
機が熟して、さなぎになる為に出発したのか、それとも鳥さんにでも見つかったのか分かりません。
どこか、風雨のしのげる場所でさなぎになっていてくれることを心から願っています。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-05-25 04:36 | 徒然なること | Comments(0)

このブログのご利用方法

**今後の出展予定**

5/31〜6/7 池袋西武本店2階 アクセサリー売り場
7/5~7/11 奈良近鉄6階 ならリビングフェスタ
7/14〜7/22 くらしのギャラリー禅 学園前店


左側のカレンダーの日付をクリックすると、その日の記事が表示されます

興味を持っていただいた方はカテゴリ「はじめてのかたへ」オーダーメイドのご注文、お支払い、発送、キャンセルの方法をお知らせしておりますので、ご覧ください

すぐにお求めいただけるオリジナルの作品はコチラから→「NOW ON SALE」

お問い合わせはメール[mariposa_y_rosas@
excite.co.jp]までどうぞ

オーダーメイドやリフォームの過程をまとめたパンフレットが完成しました。ご送付を希望される方も上記アドレスまでご送付先をお知らせください。

最新のコメント

LaLaLaaKiLan..
by mariposa_y_rosas at 01:34
hiroyukiyaさま..
by mariposa_y_rosas at 13:11
バタフライさま、遅ればせ..
by mariposa_y_rosas at 13:05
蝶々を幼虫から育てて、サ..
by バタフライ at 22:39
hiroyukiyaさん..
by mariposa_y_rosas at 09:59
彩さま 初めまして..
by mariposa_y_rosas at 10:21

フォロー中のブログ

白い虹 
満月アンティーク

ブログジャンル

クリエイター