STUDIO MARIPOSA  あをむし日記


オーダーメイドジュエリーの制作過程や作品をご紹介 
by まりぽぉさ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:徒然なること( 119 )

偏食的読書生活

  **4/19  今日の誕生日石  ヴァイオレット ジルコン**

「食」に関しては常に舌のキャパシティを広げようと食べた事のないものにチャレンジする私ですが、こと読む本になると途端に偏食がひどくなります。
決まった作者の本ばかりを買い集めてしまうのです。
文庫が出たらとにかく買うのが京極夏彦。
b0238760_2325167.jpg

1000ページ以上、厚さ5cmもあるかさばる本がずらりと本棚を陣取っています。
この厚みは中毒になります。

そして、ダイソン並みの変わらぬ吸引力を誇る私の食欲を刺激する食べ物エッセイたち
b0238760_2325327.jpg

映画化もされた南極料理人は果てしなく面白くて、中でも「長いことお風呂に入れないとペンギンのような臭いになる」という文章を読んで、ペンギンの臭いを嗅いでみたいとず〜っと想い続けています

食べ物エッセイ「旅行者の朝食」で出会って以来ハマってしまった米原万里。
b0238760_23251417.jpg

最初にこの本を手に取ったのは、彼女の訃報を聞いてすぐでした。
2006年の4月末からゴールデンウィークを利用して、今はシナリオライターとして活躍する三好晶子氏とロシアを旅行してきました
b0238760_033894.jpg

彼女のお友達にロシア留学している人がいるから、彼を頼って行こう!ということになって、友人の結婚式もダンスの発表会もキャンセルして行ってきたのです。個人旅行で、しかもがっちりガイド付きでロシアに行ける機会なんてそうそうあるわけないでしょ。
豪華絢爛すぎる宮殿に、もれなく歌舞音曲が付いてくるサービスよすぎるレストラン、食べ尽せないほどの種類のメニューの並ぶ毎朝のビュッフェ、、、もう楽しくて楽しくて、ロシアに住みたいと思うほど後ろ髪を引かれながら帰国した直後にロシア語通訳で文筆家の米原万里さんが亡くなったというニュースを聞いたのでした。
生前は「ニュースステーションによく出てくるコメンテーターだな」くらいの認識で、本も読んだことなかったのですが、ロシアの余韻から覚めないうちに聞いたニュースにショックを受け、本屋さんでとりあえず選んだ1冊が「旅行者の朝食」
これはソビエト時代にあった不味くて不人気の缶詰の名前で、ロシアの小咄にも嗤いの対象としてしばしば登場するらしい。。。。いかに不味いのか確かめたくて、ガイドをしてくれたロシアにいるK氏にすぐメールを送り、「旅行者の朝食って缶詰あったら買ってきて!」とお願いしたのですが、ソビエト時代の遺物はもう残っていなかったとのこと。
、、、、と、私にこんな行動を起こさせるくらい彼女の文章は想像力を刺激して、居ても立ってもいられなくなるくらいの魅力があるのです。ユーモアあり、毒あり、シモネタあり(パンツとふんどしを真剣に語る本なんて!!!)
今読んでいるのが、「発明マニア」
彼女の著書の中で1番毒気が強い、絶筆となった1冊です。
2004年〜2006年までの雑誌連載をまとめたもので、国内、国外を問わずアンバランスな事象を解決するべく数々のぶったまげる知恵をひねり出しています。そのころのできごとを改めて思い返す機会になり、テレビ&新聞が伝えなかった政治的な問題も、彼女の目を通すとこのように映るのか、と愕然とします。小泉元首相の功罪に対しては容赦のない攻撃で、アメリカ嫌いの方にはとても楽しい本です。

米原万里を読んで、影響されたことの1つがこれ。
b0238760_232522100.jpg

チェーホフの小説「桜の園」の一節。鰐かぁ…と思っていると、発見しました。
アフリカを縦断する豪華寝台列車ブルートレインまたはロボスレイルに乗るとワニ、ダチョウなどがメニューに並ぶことも有るのだとか。
贅沢な列車でワニ料理を食べるところを夢想しつつ、今日はここまで。。。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-04-19 02:17 | 徒然なること | Comments(0)

春の花たち

  **3/17  今日の誕生日石  エメラルド**

春の息吹が感じられる日和になりました。
うちの庭にはたくさんの種類の椿があります。今、咲いているものをいくつか…
b0238760_16194872.jpg

b0238760_16193752.jpg

↑ミツバチさん、お仕事中です。脚いっぱいに花粉団子

b0238760_16192361.jpg


椿に他にもクリスマスローズも色んな種類、咲いてます。
b0238760_16245528.jpg

b0238760_16244781.jpg

b0238760_16265871.jpg

お花が増えてくるとウキウキしますね。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-03-17 16:29 | 徒然なること | Comments(4)

世界情勢と地金の値段

  **3/15  今日の誕生日石  オレンジ ムーンストーン**

このところ金価格が過去最高水準で推移しています。オーダーのご注文を頂くとお見積を計算したときの地金の高さに「うう〜む、これで納得していただけるのだろうか…」と悩みます。
なぜそんなに高いのかと言うと、ニュースでお目に掛かっていると思いますが、ギリシャ国債の債務不履行のおそれから、最悪の場合紙切れになってしまう国債や株を持っているよりも物の値段分だけは形で残る金地金に資金を移動させる投資家が多いからです。ギリシャ問題の他にも、ある日いきなりびっくりするほど値上がりしてどうしたものかと思っていると「韓国政府がドルを売って25トンの金を調達」なんてこともありました。こんなことはテレビのニュースや新聞には出ないネタでしたが、ドルに対する不信感も金価格に影響してます。
かつては「戦争が起こると金が上がる」と言われる程度の判りやすい値動きでしたが、最近は私なんかには届かない世界の動きのせいで乱高下します。

ニューヨークの商品取引所でドル建てで取引される地金の値段は最高値でも円に換算するとそのまま最高値というわけではありません。それは、驚異的な円高のために、輸入品である地金の価格が抑えられているからです。ドルに対して円が1円上がると金は1グラム当たり30円安くなる、というのが目安です。

今朝の新聞に「円安83円台」と出ていて、「ヒャ〜!!!!!」と慌てふためきました。
確か2月のうちは75円とかじゃなかったっけ〜?と円相場の推移を確かめると、ずんずん下がってますね。
はい、円が下がると金は値上がりです。

今ちょうど、マリッジリングのお見積を出していて、お客様にご検討いただいている真っ最中。
プラチナでお作りしますが、プラチナの値段も金に連動して動きます。
ダイヤや色石を使わないマリッジリングは、ほぼ地金のお値段でお見積を出したのですが、この調子で円安が進むと地金代がう〜んと高くなることに!!!!
となると、選択肢は2つ。利益が吹っ飛ぶか、お見積価格を値上げするか…

お客様からのお返事を頂戴するまでに円安が進まないように祈るばかりです。
為替、世界情勢、金相場から目が離せない日が続きそうです。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-03-15 21:57 | 徒然なること | Comments(0)

大相撲  春場所

  **3/14  今日の誕生日石  カラーレススピネル**

今日は氷が張るほど肌寒いもののスッキリ晴れた気持ちのよい朝でした。
ご近所の梅があまりに綺麗だったので、1枚パチリ
b0238760_23403311.jpg



大阪にお相撲さんが来ましたね
b0238760_23231370.jpg


昨年は大阪場所が開催されなかったので、季節の風物詩が1つ味わえなくて残念でした。やはり、あるべき時期にあるべきものが行われる、、、普通であることは貴重なことですね。

春場所中にはお相撲さんを街なかで見かけるのですが、今年はまだ出会えていません。
自転車でお遣いに出ている若い衆や地下鉄で移動している人、以前、夜の道頓堀で旭鷲山関をお見かけしたこともあります。特別お相撲好きというほどではないですが、お相撲さんに出会うと嬉しいものです。

今朝の新聞にちょっと驚く記事が出ていました。
春場所が行われる難波の府立体育館の名前がなんと「BODYMAKER COLOSSEUM(ボディメーカー コロシアム)」なんていう横文字に変わるというのです。
大阪府の教育委員会がネーミングライツを年間2500万円で売り出したところ、「BB-SPORTS」という会社が買い取ったとのことです。
4月から3年間、スポーツニュースで「さあ、次はボディメーカー コロシアムで開催の大相撲春場所の結果です…」と言われることになるんですね
b0238760_23375254.jpg


なんだかなぁ…という気になったので、仕事帰りに「府立体育館」の名前を記念撮影してきました
b0238760_2323217.jpg

教育委員会も買い取った会社もセンスって問われないんですかねぇ
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-03-14 22:58 | 徒然なること | Comments(0)

1年前のあの日

  **3/11  今日の誕生日石  イネサイト**

あの衝撃の日から1年経ちました。
みなさんはどこでどのように「3・11」を体験し、どのようにその後の時間をお過ごしでしたでしょうか

1年前の金曜日の午後、私は4月からの開業にむけて、仕事場所を提供してくださる大阪市内のビル4階の1室にいました。
なんだかグルグルめまいがする気がして、「母が入院していてここしばらく疲れていたし、帰らせてもらおう」と思った矢先、同じ部屋にいた女性が「これ、地震!?」と一言。彼女は阪神大震災で家がめちゃめちゃになって避難生活をした経験があり、揺れにはとても敏感です。そう言われれば確かに地震です。
ゆら〜んゆら〜んと長い時間揺れていました。

そのうちつけていたFMラジオから地震速報が流れ、それを聞いた瞬間、「これはただごとではない」というのが判りました。大阪であんなに揺れた地震の震源地はなんと東北でした。
いつの間にか軽い口調のDJのトークが消え、当たり障りのない音楽だけに変わっていました。

ケータイのワンセグテレビを見ると仙台空港が波に飲まれるところでした。なにもかもが軽々と真っ黒い波に押し流されていました。

駅でもらった号外を手に入院する母のところに行くと、枕元のテレビからは想像を絶する有様ばかりが続きます。
そこでも震災経験者の彼女の言葉がよみがえってきました。「被害がひどいところの情報はなかなか外には伝わらないし、被害のさなかにいる者にはなんにも情報が入らない」

テレビが入れるところでこれほどの被害だとすると、ひどい所はいかばかりか…と暗澹たる気分で過ごした、というのが私の体験です。

関東圏に住む親戚、友人の無事は確認できたのでとりあえずはホッとしましたが、次々流れる津波の映像は恐ろしくて直視できないほどでした。

あの映像の中に還らぬ人がたくさん写り込んでいるはず、と考えると怖くて怖くて…


無くしたものが多すぎる日を忘れないように伝え、備えていかないといけないですね。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-03-11 23:50 | 徒然なること | Comments(0)

向田邦子「隣の女」ニューバージョン

  **3/7  今日の誕生日石  アクロアイト**

このブログに以前も登場したことのある友人のシナリオライター三好晶子氏。
また新しい小ネタを仕入れるべく「これこれこんな設定で何か思いつくことな〜い?」とご連絡が。
こういうメールが来ると私は面白がって、突発的に思いついた無責任なアイデアをお返事します。
他人の頭に湧くアイデアは予期せぬものらしく、彼女も面白がってくれるのがこちらとしても嬉しいです。
そのうちテレビを見ていたら「あっ、これ、私のアイデアじゃん!」というものに出くわすのが楽しみです。

そんな彼女の最新作が間もなく3/24(土)夜にWOWOWで放送されます。
向田邦子原作の『隣の女』
新鋭シナリオライター4人に向田邦子作品を新たな切り口で書いてもらう、という企画なのだそうです。
各話、良い女優さんが主役をつとめ、かなり見応えのあるものになっている気配がします。
三好氏が担当した「隣の女」は寺島しのぶが禁断の欲望を秘めた主婦役ということで、きっとピッタリの役なんじゃないかなぁ…
おととい、撮影が終わったそうで、3/24の放送までに急いで編集が行われるのでしょう。
とっても見たいのですが、WOWOW契約していないので、見ること叶わず(泣)
WOWOWご覧になれる方はどうぞご覧くださいませ!!
できれば、ご感想をお聞かせくださいませ!!!
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-03-07 16:47 | 徒然なること | Comments(2)

ううぅ、、確定申告が…

  **3/5  今日の誕生日石  ブルーサファイア**

しばらくご無沙汰でした。
溜まりに溜まった帳簿付けをしておりました。
本当は先週するつもりだったのが、熱を出してしまい1週間遅れて、もう〆切り間近ではないですか!!!

土曜、日曜、今日と髪を振り乱して、ほとんど1日中かかりっきりで電卓をたたいております。
b0238760_2235223.jpg


パソコンで市販のソフトを使ってやれば早いのでしょうが、私は持っていないので(Macなのでフリーソフトも使えず…)ひたすら手書きで書いて書いて書きまくっております。

簿記も3級、2級、1級と長いこと勉強したのですが、実践はそう簡単にはいかないですね。
しんどい中でも少し気持ちを明るくしてくれるのが、このamadanaのピンクの電卓。
色んな機能がついているし、キーの押し心地が何ともいえず、す〜っと沈む感じで気持ちよいのです
簿記の勉強をしているときに、探しまわってやっとたどり着いた1点。可愛い相棒です♪
さあ、少し息抜きしたので、がんばろうっと!!!
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-03-05 22:47 | 徒然なること | Comments(0)

もしかしてインフルエンザ!?

  **2/25  今日の誕生日石  ファントムアメジスト**

先日読んだ『マイナス50℃の世界』で日本の冬は暖かいと油断しすぎたのか、日頃の不摂生がたたったのか、ガツンと高熱を出してしまいました。
今週に入ってからなんだか調子がイマイチ…とバファリンを飲んでやり過ごすはずが!!
木曜日の朝には起き上がれなくなってしまい、熱を測ると38.5℃にもなっていました。
めまいがしました。木曜も金曜も予定があるのにぃ…


38℃後半にもなると病院に行く元気もなく、ひたすら寝ているだけしか出来ません
1日丸々寝て昨日、再度熱を測ると38.8℃とちっとも下がらず、節々は痛いし、食べ物はのどを通らないし、どうにか楽になりたいとふらつきながら病院へ行きました。

インフルエンザの検査をまず受けましたが、A型B型どちらでもないということで、流行りモノには乗るまいというささやかな私のポリシーを貫けて一安心。
のどの痛みがひどく扁桃腺炎と診断され、点滴を打ってもらって帰ってきました。

お薬の力は凄いもので、一気に熱が下がってくるにつれ、昨日全く食べられなかった胃袋が急に「お腹すいた〜!!!」と叫び始めたのです。
睡眠は十分すぎるくらいとって、寝るにも眠れないし、どんどん胃袋が暴れ出し、夜中2時間おきくらいでうどんをすすったり、ご飯をつまんだり、甘いものを食べたり猛烈な勢いで食べまくりました。
寝込んでいる間に「しめしめ、これで少しはダイエットになるかしら」と内心思っていたのですが、十分すぎるくらい取り返してしまいました(汗)

これで、もう大丈夫でしょう。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-02-25 15:44 | 徒然なること | Comments(0)

友人宅、訪問♪

  **2/19  今日の誕生日石  ウォータードロップ クォーツ**

今日は大学で同じクラスだった友人のお宅に遊びに行きました。
私に「iichi」という作家の手作り品販売サイトを教えてくれた方で、彼女はiichiでフェルトに刺繍をほどこしたブローチなどを出品しています。
私はこのようなサイトに登録するのが初めてだったので、歴の長い彼女にアドバイスやご意見を求めたかったんです。

私の作品は貝を使ったものが多く、サイトに出品する際、微妙な色合いやキラメキを写し取りたいのですが写真の色が思うように出ず苦労していたので、他の方はどのように撮影しているのか?など疑問をぶつけてみました。
実物と出品している写真を見比べて、その差はさすがにびっくりしたご様子で愕然とされてしまいました(汗)
彼女がささっと取り出したのが、かなりしっかりした1眼レフのデジカメ。試しに撮影してみると全然色の再現性が違っていて、やっぱり良いカメラを買うところから始めないとな…という感じでした。私の使ってきた小さなデジカメでは限界があるので新しいデジカメを買おうかなぁ

b0238760_192460.jpg

[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-02-19 23:27 | 徒然なること | Comments(0)

寒さを忘れるために

  **2/17  今日の誕生日石  タイガーアイアン**

今日はまた冷え込んでいますね。大阪市内でも雪がちらついていました。
こんなに寒い日ですが、この寒さを忘れるいい方法を発見しました。
b0238760_23304572.jpg

私が大好きな作家の一人米原万里さんの「マイナス50℃の世界」角川ソフィア文庫

これを読めば、日本の寒さなんて暖かいもんだとつくづく思い知ります。
b0238760_23524247.jpg

これは1872年に三重の伊勢白子から出港して江戸へ向かっていた大黒屋光太夫が嵐で漂流した末にアムチトカ島に流れ着いた後、サンクトペテルブルグまで向かい女帝エカテリーナに謁見し、なんとか日本に帰り着いた足跡をたどるというテレビ取材の通訳として同行した米原さんの体験記です。
取材は1984〜1985年に行われたものですし、作者の米原さんも2006年に亡くなっていますが、新たに文庫化されたので、早速買いました。
寒極と呼ばれる地球で最も寒いヤクート自治共和国で−50℃の生活とはどんなものか紹介されています。吐く息が凍り付くところまでは想像できるのですが、目の表面の水分まで凍るのでまばたきするのにも力が要るほどの寒さだなんて!!!
永久凍土の上に建物を造るには…とか、寒すぎるところでは車もスリップしない…とか、生活圏の人々の息や煮炊きの水蒸気、車の排気ガスまでもが凍り付き「居住霧」と呼ばれる霧で覆われてしまう…とか、とんでもない寒さを重い描くと、日本の寒さを忘れられます。

私が実際に体感したことのある1番の寒さは、北海道のキロロのゲレンデで猛吹雪に遭ったときです。麓のセンターハウスでマイナス18℃、山頂でゴンドラから降りた瞬間、一面真っ白の吹き荒れる雪で、−20℃以下だったはずです。帽子、ゴーグル、ネックウォーマーで覆えなかった頬や耳の先が痛くてもげる!!!と真剣に思いました。本州仕様のスキー支度ではどうにも無理で、防風の分厚いネックウォーマーを買い、ガーゼのマスクをした上にゴーグルにかぶせるくらい深くネックウォーマーをずり上げ顔をうずめました。もちろん吐いた息の水分は凍り付いてネックウォーマーの表面を覆います。
ゲレンデから札幌に戻ると−10℃の街は暖かく感じられるほどでした。

−20℃が死ぬほど寒いと思う私と、−20℃は春が来て暖かくなったと感じるヤクートの人々。
彼らの強靭な体力、忍耐力に驚嘆するばかりです。

−30℃にもなるときに、氷を割って寒中水泳する写真には驚きです。外気より水中のほうが暖かいとはいうのだけれど…
b0238760_23421918.jpg

これを見てしまえば日本の冬は暖かいと思えるでしょ?
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2012-02-17 23:12 | 徒然なること | Comments(0)

このブログのご利用方法

**今後の出展予定**
10/7、10/8 横浜ハンドメイドマルシェ
10/20、21 新阪急ホテル 梅田阪急「秋の感謝祭」
10/23 奈良登美ケ丘「エンジェルフェア Vol.12」
11/12 龍安寺参道商店街 秋祭り
11/15 きれい⭐︎可愛いフェスタ 奈良ロイヤルホテル


左側のカレンダーの日付をクリックすると、その日の記事が表示されます

興味を持っていただいた方はカテゴリ「はじめてのかたへ」オーダーメイドのご注文、お支払い、発送、キャンセルの方法をお知らせしておりますので、ご覧ください

すぐにお求めいただけるオリジナルの作品はコチラから→「NOW ON SALE」

お問い合わせはメール[mariposa_y_rosas@
excite.co.jp]までどうぞ

オーダーメイドやリフォームの過程をまとめたパンフレットが完成しました。ご送付を希望される方も上記アドレスまでご送付先をお知らせください。

最新の記事

押入れ、改造計画 [2]
at 2017-10-19 01:16
横浜〜東京 いただきます
at 2017-10-16 19:28
横浜ハンドメイドマルシェ 終..
at 2017-10-11 18:24
翡翠リングサイズ直し
at 2017-10-06 19:36
秋色 お花のブローチ
at 2017-10-04 12:50

最新のコメント

ひろ雪夜さま、こんにちは..
by mariposa_y_rosas at 09:15
お久しぶりです。以前に全..
by ひろ雪夜 at 19:57
LaLaLaaKiLan..
by mariposa_y_rosas at 01:34
hiroyukiyaさま..
by mariposa_y_rosas at 13:11
バタフライさま、遅ればせ..
by mariposa_y_rosas at 13:05
蝶々を幼虫から育てて、サ..
by バタフライ at 22:39

フォロー中のブログ

白い虹 
満月アンティーク

ブログジャンル

クリエイター