STUDIO MARIPOSA  あをむし日記


オーダーメイドジュエリーの制作過程や作品をご紹介 
by まりぽぉさ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:徒然なること( 109 )

五男の受難

  **7/7  今日の誕生日石  スターローズクォーツ**  

先週末、八男、九男、十男と立て続けに巣立っていって、ちょっとしたペットロスみたいに寂しくなっております。

パソコンのコンセントをつないでいたコードでさなぎになった九男
b0238760_18323461.jpg

部屋の隅に置いていた紙袋の持ち手でさなぎになった十男
b0238760_1832585.jpg

羽化する直前はちょうちょの顔も羽も透けて見えています。
この後しばらくして2人ともきれいな大きなちょうちょになって飛び立っていきました。

今日は五男のお話。
ちゃいろむしからあおむしに脱皮したとき、ひときわ緑が濃くて、黒い模様も太くくっきりしていました。(↓茶色の皮を脱ぎきったところ)
b0238760_18304946.jpg

姿もちょっとほかの子とは違ったのですが、ひときわ際立っていたのがその性格。
風が吹いても、雨が降ってもすぐに怒って黄色い角を振り立てる、気の短い子でした。
食も細く、なかなか大きくならなくて、六男にさなぎになるのを追い越されてしまうほど。
いつも扱いに気を遣う子でしたが、それでもちゃんとさなぎになって、よかったよかったとホッとしておりました。
b0238760_18285778.jpg

まぁ、これもほかの子とは違って、横向きに壁にくっつくような姿。
みんなきれいに命綱を張るのに、五男の命綱はあちこちバラバラで、1本の綱になりきっていなくて、不器用な子だなぁ、と思っておりました。
この五男も6月27日の10時頃さなぎから抜け出しました。
羽が乾くのを待っていましたが、なんだか様子が変。
b0238760_18581343.jpg

左半身が縮こまって、足も不自由のようです。
おしっこもして、羽伸ばし完了!の姿がこちら。
b0238760_182779.jpg


さなぎになったときの姿勢のせいなのか、生まれつきの障害だったのかわかりませんが、飛ぶことができません。花にとまらせても口もちゃんと動かないのか蜜を吸う気配がありません。
これでは体力が尽きるまでの命かと覚悟していたのですが、なんとかご飯だけでも食べられるようになれば…と蜂蜜を薄めたものを爪楊枝につけて口まで持っていくと、吸うことは出来るのがわかりました。お腹はすいていたのでしょう、ごくごくすごい勢いで吸い上げます。
何度か爪楊枝でストローを伸ばしてやると、自力で口を動かせるようになってきました。
ただ、目も触覚もダメっぽくて、目の前に蜂蜜があってもすっとんきょうな場所をあちこち挿してます。色んな花にとまらせてみたりもしますが、花の中心が解らないみたいです。
b0238760_18344088.jpg

あおむしのときは、ちょっと体に触れただけで怒りまくる子だったのに、今は指を出したらとことことこと進んで乗ってきます。

飛べないので、床を羽を引きずって這いずり回っているうちに、正常だった右側の羽も裾がちぎれてぼろぼろになってくるわ、不自由だった左足二本とちゃんと動いていたはずの右の後ろ足がちぎれて、今は前足1対と真ん中の右足の3本しか残っていないわで、さんざんな姿になっています。
自然の中では淘汰される運命だったはずですが、うちでペットのごとく飼われてしまったので、大人にまでなっちゃいました。

7月4日に大人になった八男とツーショット(ほんとは二人とも女の子なんです)
b0238760_18332475.jpg

八男に比べると、体もひと回り小さいし、羽も透けるように薄くて、薄紙みたいにカサカサ。。。
八男の艶やかな漆黒の羽とはぜんぜん違います。

6月27日に「三者三様 四あおむし四様」を投稿したときには、五男がちょうちょになって旅立っていくところを次に書くつもりだったのですが、思わぬ状況になってしまいました。
羽化した日には数日の命と思っていたのですが、生きる気力はあるみたいで、ぼろぼろの姿ながら頑張っています。
羽がちぎれていくうちに、左右のバランスが合ってきたのか、部屋の中を数メートル飛ぶことも出来るようになってきましたし。
ちょうちょの寿命ってどれくらいなのか解りませんが、できるだけ長生きしてもらえるように助けていきたいと思います。

蝶が羽ばたくときの音やおこす風の涼しさ、あの細い足でも引っ張る力の強さ、ストローのお口でつんつんご飯を探しまわるくすぐったさ、手の上で繰り広げられる五男の暮らしに沢山の発見があります。
大変だけど、楽しいね。ほかの元気な子たちは手の上になんか乗ってくれないもん。

五男(改め蝶子ちゃん)のお話はここまでにいたします。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-07-07 00:26 | 徒然なること | Comments(0)

三者三様 (四あおむし四様)

  **6/27  今日の誕生日石  マルチカラートルマリン**


我が家のあおむしたち、ぞくぞくさなぎになり、飛び立っていきます。
昨日の朝は三男がちょうちょになりました。

さなぎへのスイッチが入ったのがわかると、この箱の中にご案内します。
b0238760_1845698.jpg

さなぎ部屋には三男、五男、六男、七男がおります。

この子はちょっとへそ曲がりの五男。
b0238760_18445054.jpg

怒りんぼうで、気の短い子でした。
さなぎになる姿勢までこんな横向きだなんて!
この子の話はまたゆっくりと。

今日は三男のお話。
b0238760_184425.jpg

さなぎの中で一番の柔軟性をみせた三男。
命綱を壁にゆわえた二点が一番接近しています。
ちなみにこっちが六男↓
b0238760_1943741.jpg


この柔軟性豊かな三男が一昨日の夜あたりから墨でも塗ったみたいに真っ黒になりました。
b0238760_18463215.jpg

もうすぐだな、と思いながら一晩明けて、目が覚めるとちょうちょになっていました。
b0238760_18473735.jpg

一昨日は真夏のように暑い、よく晴れた日だったので、「今日あたり出て来たらいいと思うな〜」と言い残して家を出たのですが、帰ってもさなぎのままでした。
で、雨のびちょびちょ降る昨日の朝にちょうちょになってしまったのね。
だいたい良いお天気の日にみんな羽化していくので、「さなぎでも外のお天気が判って、晴れてる日を選んで出て行くんだわ、すごい能力だな〜」と思っていたのですが、そうでもなさそうです。

羽を乾かし、きれいに伸びたところで、約二週間ぶりの排泄。
b0238760_18484385.jpg

あおむしのときはコロコロした黒い糞だったのが、初めてのおしっこ!

先日、NHKの動物番組でオオムラサキの生涯を特集していたのですが、羽化したあと羽をただ乾燥させているのかと思っていましたが、「体液を羽のすみずみにまで行き渡らせて…」との説明があって、羽の中にも血管というかそんな組織が走っているのを初めて知りました。(余談ですが、オオムラサキの幼虫、ものすごく可愛い顔をしているのです。ウサギのような、猫のような、熊のような…なんだかサンリオのキャラクターみたいで、飼えるものなら飼ってみたいです)

とにかく、羽を伸ばすのに必要な水分を使って、余ったのを出してから飛んでいくのです。
二週間ぶりなので、さぞかしおしっこもしたかろう、と思うところですが、とびたつ前にしかおしっこをしないのはそんな理由があったんですね。
みんな、よくできてるな〜
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-06-27 00:43 | 徒然なること | Comments(0)

次男、おとなになる

  **6/19  今日の誕生日石  ベール状液体インクルージョン内包サファイア**

次男がさなぎになってから2週間たった6月15日、梅雨の間ながらよく晴れた日におとなになりました。

きれいな緑色だったさなぎが黒くなって、「あ、これはもうすぐだな〜」と思いながら、京都の展覧会の搬入の準備に追われていました。
b0238760_13131211.jpg

ちらちら横目で見ていましたが、あっと思ったときにはすでにさなぎから抜け出たあと。
b0238760_1313579.jpg

b0238760_1313459.jpg

お口のストローを曲げ伸ばしして、感覚を確かめたりしながら羽を乾かしています。
高いところに登りたがるので、指を差し出すとすぐにつかまりに来ます。
あおむしのときには、あんなにでっぷり重たかったのに、体重軽くなったね〜(笑)
b0238760_1313147.jpg

どんどん歩いて来て、二の腕の辺りまで来ると、思わず「痛てて!」と叫んでしまいました。
b0238760_1313089.jpg

こんなに細い足でも、先っちょは鋭い二股のかぎ爪になっています。
しっかりつかまっている爪で私の皮膚がちまーっと伸びているのが見えますでしょうか?
いつまでもこの子に構ってもいられないので、庭に出しておきました。
b0238760_13125816.jpg

b0238760_13125638.jpg

ほんの数回、羽をぱたぱたさせただけで、いつの間にか飛んでいってしまいました。
きれいな大きなちょうちょになって、良かったです。
「鳥さんに食べられないようにね!恐い蜂が来たら逃げるんだよ!」と言い聞かせておいたのですが、守ってくれるかな〜

そういえば、3日前もおとといも次男とおぼしきちょうちょが庭にやってきました。
3日前(羽化した翌日)にはまだちょっと飛び方がおぼつかない感じでしたが、おとといはあちこちの木の葉を確かめるように飛んでいます。
みんなで食べ尽くしてしまって枝しか残っていない山椒の木↑に留まって、なつかしそうにしています。ここで育ったのが解るのかな〜、と思っていると、わずかにわずかに残っている葉っぱに卵を産みつけたではありませんか!!!
次男、あなた、女の子だったのね〜!!!
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-06-19 00:12 | 徒然なること | Comments(0)

さなぎへの道

  **6/8  今日の誕生日石  レイン状インクルージョン内包アクアマリン**

6月6日、私が「66展」でライブにノリノリになっている頃、あおむし三男はさなぎへのスイッチが入りました。
座敷や床の間をえんえん歩き回り、天井近くをうろううろし続けるのでお菓子の箱の中へご案内申し上げました。

ようやく落ち着いたのがこちら。
b0238760_0324745.jpg

最初はおなかが壁にくっついていますが、時間が経つと頭とお尻の先だけでくっついているようになります。
↑では背中に渡した命綱がたるんでいますが、↓ではぴーんと張っているのが見えますでしょうか?
b0238760_0334257.jpg


1日半このままじーーーーーーーーっとしていたのですが、だんだん色が変わってきました。
b0238760_0595946.jpg

皮がカサカサになってきたな〜と思っていると。。。
b0238760_032447.jpg

割れた!!!
b0238760_0321144.jpg

b0238760_032214.jpg

上から下まで全部脱ぎさると、体を左右に大きく揺すって脱いだ皮を下に落としました。
背中に渡した命綱はどうやってつなぎ止めていたのか、同じ位置のままです。
b0238760_032072.jpg

宇宙人みたいな角ができました
b0238760_0314787.jpg

しだいに背筋をまっすぐに伸ばして、きれいな緑色のさなぎの完成!!!
これで、一安心。
よかったよかった、とホッとしていたのですが、まだ変化が続きました。

この三男、緑色からどんどん黒くなっていきます。
1週間前、植木鉢の壁でさなぎになった次男と比べるとこんなに差が。
b0238760_0312898.jpg

これは一体なんの違いなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃれば教えてくださ〜い!!!

うちにはあと、四男、五男、六男、七男、八男、九男が控えております。
四男と五男は数時間の差で相次いでちゃいろむしからあおむしになったのですが、食欲おう盛な四男はむくむく大きくなり、黒い筋の濃い五男は食が細く、その後にあおむしになった六男に追い越されそうです。
あおむしも個性がいろいろなんです。

すみません、あおむしだらけで。。。。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-06-08 23:31 | 徒然なること | Comments(0)

あおむし 大激変

  **5/31  今日の誕生日石  スモーキークォーツ原石**

この週末はうちのあおむしたちが大激変するのを目撃できました。

先週、ゆくえをくらましたのが長男。
植木鉢を脱出しようとして連れ戻したのが次男。
それに続く三男があおむしになりました。

一昨日あたりから顔色が青ざめて、じーっと動かなくなったので、そろそろだとは思っていたのです。
b0238760_31543100.jpg

その瞬間はいきなりやってきました。
b0238760_3162275.jpg

ものすごい勢いで、茶色の皮から頭を突き出したのです。
しばらくじたばたして古い皮から抜け出し、頭を左右に振って茶色かった面の皮も脱ぎ捨てて…
b0238760_3174051.jpg

あおむしへと変身完了!!!
よほど体力を消耗したのか、1時間ほど休養をとったのち、先ほど脱ぎ捨てた皮を食べちゃいました。
b0238760_3182071.jpg

運動後のタンパク質補給なのでしょうか。
うまくできてますね〜。
あおむしになった途端、身長は1.5倍ほどになるし、食欲はおう盛になるし、エサの手配が心配です。

もう1つ大変身を見届けました。
1度、山椒の木からの脱出を試みて、翌日、近くの植木鉢から連れ戻された次男。
それはもうぷっくぷくに大きくなりました。
b0238760_318376.jpg

今年は外に出したまま成長を見守るつもりだったのですが、月曜日の朝、出掛けようとドアを開けた私の目に飛び込んできたのは、スズメバチに掴みかかられている次男の姿でした。
慌てて蜂を追い払い、たまらず植木鉢を家の中に避難させました。
出掛ける直前だったので、その後の次男の様子を見届けられず、「もし針にさされていたら、帰る頃には死んでるかもしれない」と仕事中も気が気ではありませんでした。
でも、帰宅すると無事だと分かり、一安心。
その後はひたすら葉っぱを食べ続け、むくむくむくむく大きくなっていきました。
そんな彼が今日、さなぎになりました。
さなぎになる第1歩は、腸の中をからっぽにすること。
もう葉っぱを食べることはなく、さなぎでの長い眠りに付く前にお腹の中をすっきりさせるのです。
b0238760_319972.jpg

どばーーーーっと一気に葉っぱの色が残る緑色の糞をした後、さらに茶色の粘液を大量に排出。↑ひとしきり出し終わったあとに、もう一踏ん張りしています。
↓緑色の糞のあとに透き通った茶色の粘液を出したあと。
b0238760_3193193.jpg

これが終わると、大急ぎでさなぎになる場所をさがします、
b0238760_320362.jpg

b0238760_3202516.jpg

そんなに体が伸びるんだーと驚くほど、あちこち探しまわります。
基本的には、1回木を降り、地面をしばらく歩き、もの陰になるような壁を探すので、いい加減歩いたところで、今までいた植木鉢の壁にもどるように誘導。
なんとか、そこで落ち着いてくれました。
さっきまでぐいっと体を伸ばしていたのに、今度はこんなぶちゃいくな顔になるほどに縮んでいます。
b0238760_3211633.jpg

今度は口から糸をだし、小さな盛り上がりを作ってそこにお尻を固定。
b0238760_3215968.jpg

そんなにのけぞれるの〜!?とびっくりするくらい左右に体をねじ曲げて、自分の体を支える命綱を作っていきます。
b0238760_323454.jpg

白い糸が見えてきました。
b0238760_3233076.jpg

この形から、明日にはまた変化しているはずです。
ちゃんとさなぎになったところはまた改めて。
b0238760_3235361.jpg

一昨年は見ることが出来なかった激変の瞬間を立て続けに見ることができてラッキーな週末でした。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-05-31 23:58 | 徒然なること | Comments(0)

初!! ゼップ難波 ライブ参戦!

  **5/25  今日の誕生日石  ブルーアンバー**

あっという間に10日以上経ってしまったのですが、5月13日に初めてZEPP難波へオールスタンディングライブを見に行きました。
b0238760_2319598.jpg


誰のライブかと言いますと…
b0238760_2319895.jpg

はい、さだまさしです。
「さだまさしがライブハウスでオールスタンディングライブ!?」というお声が聞こえてきそうです。そうなんです。
しかも、30歳以下の為のライブツアーとのことで、30歳を少しオーバーしている私がチケットを買っても良いものか、悩みながらチケット屋さんに行きました。
店員さんにも「この会の趣旨としては、30歳以下、または30歳以下だと言い張れる方とのことですが…」とわざわざ確認され、即座に「30歳以下だと言い張ります!」と答えて、無事にチケットをゲットし、やや若作りをして会場に向かいました。
b0238760_231917.jpg

いざ、ホールに入ってみると、なぁんだ、私なんかまだまだ若造ではないですか!
2で割ってもアンダー30にならなさそうな方だって、けっこういます。

どうみてもうら若き乙女の声ではない、若干低めの「まさし!まさし!まさし!」のコールに呼び込まれて、1曲目を歌ったあと、「ライブハウスの恐ろしさを思い知らせてやる〜!!」とさださんが紹介したのは「湘南の風」の若旦那。
彼はやんちゃしていた頃に友達が持ってきたカセットテープに録音された、さだまさしの「関白失格」のを聞いて衝撃を受け、歌の道を志した、ということは知っていたので、もしかすると来るんじゃないかな〜という予感はしていたのですが、想像以上に何曲も何曲も熱唱を聞かせてくれました。
会場が沸騰しそうなくらいの熱気の中で、腕を突き上げ、ジャンプしまくって聞いていたので、足が筋肉痛になるほどでした。
やっぱりライブはこうでなくちゃ! でも、これは気持ちはアンダー30でも、体はオーバー50あたりの方には相当キツかったんじゃないかしら。。。

アンダー30と銘打ったのは、若い方に聞いてもらいたかったのはもちろんですが、さださんが30歳までに作った曲をメインに歌う、ということもあったそうです。
聞いたこともない曲もありますが、それでもさださんの歌は沁みます。

なりやまないアンコールの拍手に、呆れながら何度もステージに戻って歌ってくれ、しまいには「もう、帰って」といわれるほど。
はぁ〜、良かったなぁ。。。と思いながら出口に向かう途中で、明らかに若い女性2人が私のすぐ後ろで熱く語っていました。
さだファンの友人に連れて来られたらしきその女性は、
「いや〜、すごいよかったわぁ!ほとんど知らない曲ばっかりだったのに、何度も涙出そうになったわ。ベスト盤のCD買おうっと。」とすっかり洗脳された様子。
きっと連れてきた友人のお年を考えると周りにさだファンは少ないでしょうから、語り合う人がいなかったのでしょう。洗脳、大成功です!
連れて来られた側の女性はさらに熱にうかされたように「そうだ、○○ちゃんの誕生日プレゼント、何にしようかと思っててんけど、このCDにしよ〜!!」とまで言っています。
聞こえてくる会話に嬉しく思いつつも、「いやいやいや、あなたは今、このライブの空気に包まれて、さださんの歌がどんなに良かったか体感してるけど、お誕生日プレゼントにファンでもなんでもないさださんのCDをいきなりもらっても、それは多分困惑にしかならないと思うんだけどなぁ〜」と改めてじわじわと浸食する力の強さを思い知ったのでした。

かくいう私も、高校生だった頃、クラスメートのハマちゃんが帰り道に「ねぇ、さだまさしの曲、聞いたりする〜?」とライブでのトークの面白さや曲作りへのこだわり(そのとき教えてくれたのは「シラミの歌」でした)、歌詞の深さについて熱く語ってくれたことが発端でした。
それから四半世紀、ハマちゃんが今どこでどうしてるかも知らないのですが、重いカバンを抱えて、不退寺の横を歩きながら聞いた話は今になって私を洗脳しているのでした。

*********************************

さださんの歌でも命について考えさせられることは多いのですが、私はここしばらくあおむしの命に日々向き合っております。
b0238760_3172347.jpg

我が家の小さな山椒の木にうみおとされたアゲハの卵からここまで大きくなりました。
頭のように見える部分の後ろに入る1筋の青い色がたまらなくきれいです。

柔道部かアメフト部の男の子のごとく、がつがつ食べまくったあとがこちら。
b0238760_3172792.jpg

背後に見える枝はすっかり丸坊主で、葉っぱの軸しか残っていません。
それはもう、ぷっくぷくに丸々と太ったこの子の成長を見守っておりましたが、昨日、姿を消しました。
機が熟して、さなぎになる為に出発したのか、それとも鳥さんにでも見つかったのか分かりません。
どこか、風雨のしのげる場所でさなぎになっていてくれることを心から願っています。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-05-25 04:36 | 徒然なること | Comments(0)

2015 あおむし日記ふたたび…

  **5/17  今日の誕生日石  パープル サファイア**

先日、玄関先の階段で、やけに羽がべろんべろんと風になびく蝶を発見!!
b0238760_21365621.jpg

こ〜れ〜は〜っっ!!!!

おととし、アゲハを7匹育てた経験から、この子は羽化したての蝶だとわかりました。
近くを見渡すと、すぐ上に置いていた植木鉢に空になった蛹がくっついていました。
b0238760_21365781.jpg

おお〜ぅ、とげっとげの幼虫だったのね!
アゲハと違って、頭を下にしてぶら下がっています。

↑上のちょうちょ、地味に見えますが、ほんの一瞬、羽をひろげた時にきれいな青紫色が目に飛び込んできました。
目を離した隙に無事に飛んでいってくれたけど、もうちょっと見ていたかったな〜

*********************************

私だけでなく、家族もアゲハと過ごした一昨年の夏の楽しさが忘れられなかったらしく、母も妹も山椒の苗木を買ってきました。まだ小さな苗木なので、「もしアゲハが来ても一人っ子政策で!」と決めて外に置くこと、数日。
b0238760_21372893.jpg

来ました、来ました!2ミリほどの小さな赤ちゃん。
5月4日のことです。ワクワクします。また毎日大きくなるあおむしを見られます。

翌日もご機嫌伺いにいくと、いつの間にか4匹に。。。
あれ〜〜〜〜っ!一人っ子政策のはずなのに。。。
その翌日には5匹に、と続々増え続けていきます。
どう見ても、小さな苗木には定員オーバー。
まずいなぁ

と、危惧していたのですが、一昨年の室内でぬくぬくと育ったあおむしと違って、外に出しっぱなしの植木鉢は過酷なようで、突然姿を消したりします。
5月11日、そこそこ大きくなった2匹がいなくなりました。
君たちのご飯はここにしかないのに、ほかの場所では生きられないじゃない!と必死の捜索の結果、翌日、隣の植木鉢のふちを歩く1匹を発見。
「こっちにおいで」と指を差し出すと、スルスルと歩いてきます。
山椒の木に戻って、しれ〜っと葉っぱを2、3枚平らげてしまったのは、この子です。
b0238760_2139727.jpg

5月16日現在、ちょっと顔が青ざめてきた気がします。
そろそろ、ちゃいろむしからあおむしに変身するんじゃないかな〜

あおむしにメロメロで、一喜一憂の毎日が始まりました。
さぁて、何匹大人になれるでしょうか。


両親が少しばかりの家庭菜園で、豆を収穫してきました。
b0238760_2140898.jpg

エンドウもキヌサヤもツタンカーメンの赤い豆もいっしょくた。
色とりどりの豆ご飯でいただきました♪♪♪
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-05-17 00:04 | 徒然なること | Comments(0)

rooms 30 が終わって…

  **3/5  今日の誕生日石  ブルーサファイア**

2月17日〜19日のroomsの期間中に、根津のオールドローズ様からお電話をちょうだいしました。
オールドローズ様というのは、2年以上前から私の作品をちょっとだけ置いていただいている小さなお店です。
作品と並べて置いていたアルバムのこちら↓の写真をご覧になったお客様が、ご自身のパールを使って同じようなブローチを作ってもらえないかしら、とご依頼があったとのこと。
b0238760_21351853.jpg

「普段は奈良にいるけれど、ときどき東京に来ることもあるので、その時にご相談されたらいかがですか?とお返事したのですが…」とご店主さんの言葉。そのタイミングの良さにびっくりしました!!!

「今、ちょうど東京にいるんですよ!!!
 明日の午前中だけ時間が空いているので、お伺いできたらと思っていた
 ところです!!!」

で、そのお客様にご連絡とっていただくと、これまた運良くお会いできるはこびになりました。
翌日、オールドローズさまは普段はお休みの日だったにもかかわらず、私たちのためにお店を開けてくださって、オーダーメイドのご相談会、開催です。
お持ちくださったのはこちらのパール4点
b0238760_2135202.jpg

一番大きなパールは11ミリもあって、なかなかの迫力です。
私もroomsに展示するためにスワロフスキー一式を持っていっていたので、その場で色合わせをしてOKいただきました。
b0238760_21352343.jpg

普段アコヤ貝のブローチにはパールビーズを使っているのですが、今回は本物の南洋パールです。
作るの、テンション上がりますね〜♪♪♪

*********************************

午後からは御徒町でちょっとした講習会を受ける予定で、時間に余裕があったので根津から歩いて行く事に。。。
数日前のみぞれ空とは打って変わって、暖かい晴天のなか、上野動物園のフェンスの横をごきげんで歩いていると、上向いてカメラを構える外人さんがいっぱいいる神社がありました。
急な階段をのぼってみると、、、
b0238760_21364524.jpg

色とりどりの梅が満開です
b0238760_2136363.jpg

良いもの見たわ〜とまたまたご機嫌で歩いていたのですが、地図を確認すると予定していた道から外れていることが発覚!
時間があるときには、迷い道も楽しいです。
行きたかったのは不忍池の西側にある「旧岩崎邸庭園」
数年前にも上野に行ったついでに行こうかと思ったものの歩き疲れていてあきらめた場所です。
方向音痴なもので今一度、地図を確認してみると岩崎邸の横の道に「無縁坂」の名前。
さだまさしの歌にある「無縁坂」ってここのことだったんだ〜!
「しのぶしのばず無縁坂 かみしめるような ささやかな僕の母の人生」という歌詞は不忍池のことも詠み込んでいたのだ、ということがこの曲を知って20年以上たってから一気にわかりました。
沁み入るような曲を頭の中でかけながら坂の名前の由縁が記された石碑でもあれば…と歩いていくと、運悪く道路工事の真っ最中。
アスファルトのむせかえるような臭いと轟音に、歌の世界から引きずりおろされてしまいました。
無縁坂を断念し、横の岩崎邸。
b0238760_21362220.jpg

オールドローズ様でお客様に会うのだからと履いてきたヒールを呪いたくなるような砂利の坂道を上っていった玄関先。
ゆっくり見たかったのですが、そこまでの時間はなかったので、これにて退散。

b0238760_23303868.jpg

不忍池のほとり。たくさんの水鳥が泳いでいました。色とりどりのスワンボートもね!
b0238760_21361560.jpg

[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-03-05 23:58 | 徒然なること | Comments(0)

あけましておめでとうございます

  **1/1  今日の誕生日石  ろうかん翡翠**

謹んで新年のお慶びを申し上げます
旧年中に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます
                  2015年元旦

b0238760_1445299.jpg

[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-01-01 00:01 | 徒然なること | Comments(0)

ブローチ 修理完成

  **11/29  今日の誕生日石  アレキタイプ トルマリン**

かつてデパート出展中に手から滑らせて割ってしまったブローチの修理ができました。
b0238760_1819474.jpg

割れてしまった姿がコチラ
b0238760_1819828.jpg

割れ方がきれいだったので、接着剤でぴったりとくっつけてから割れ目を覆うように蜂のパーツを貼り付けました。
b0238760_18191223.jpg



裏側からはレースを貼ったのちに、樹脂で分厚くコーティングしなおしました。
b0238760_18281954.jpg

なんとか使える状態になったので、私自身で使うことにします。

*********************************

作品を撮影するときには、よくアンティークの小物たちを背景に使います。
今日のスイートピーの葉書もそう。
b0238760_1819474.jpg

よく見ると日付が「22.Novembre.1939」と書かれています。
b0238760_18194169.jpg

77年前の11月に彼もしくは彼女は何を伝えるためにペンを取ったのでしょうか。。。。
整った筆記体なので、読みやすそうですが、フランス語なもので解りません。
どなたか、フランス語の解る方、いらっしゃいませんか〜!?
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2014-11-29 18:43 | 徒然なること | Comments(0)

このブログのご利用方法

**今後の出展予定**

4/12〜18 西宮阪急1階 催事場横
4/27〜5/1 浜松遠鉄百貨店8階「春を彩る手しごと展」
5/15,16 千里阪急ホテル
5/17,18 ならリビングフェスタ 大和高田 産業会館
5/28 龍安寺参道商店街 春祭り
5/31〜6/6 池袋西武本店2階 アクセサリー売り場



左側のカレンダーの日付をクリックすると、その日の記事が表示されます

興味を持っていただいた方はカテゴリ「はじめてのかたへ」オーダーメイドのご注文、お支払い、発送、キャンセルの方法をお知らせしておりますので、ご覧ください

すぐにお求めいただけるオリジナルの作品はコチラから→「NOW ON SALE」

お問い合わせはメール[mariposa_y_rosas@
excite.co.jp]までどうぞ

オーダーメイドやリフォームの過程をまとめたパンフレットが完成しました。ご送付を希望される方も上記アドレスまでご送付先をお知らせください。

最新のコメント

LaLaLaaKiLan..
by mariposa_y_rosas at 01:34
hiroyukiyaさま..
by mariposa_y_rosas at 13:11
バタフライさま、遅ればせ..
by mariposa_y_rosas at 13:05
蝶々を幼虫から育てて、サ..
by バタフライ at 22:39
hiroyukiyaさん..
by mariposa_y_rosas at 09:59
彩さま 初めまして..
by mariposa_y_rosas at 10:21

フォロー中のブログ

白い虹 
満月アンティーク

ブログジャンル

クリエイター