STUDIO MARIPOSA  あをむし日記


オーダーメイドジュエリーの制作過程や作品をご紹介 
by まりぽぉさ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

芦屋 ギャラリー禅 スタート!

  **8/2  今日の誕生日石  ブルークォーツの勾玉**

昨日8月1日より芦屋の竹園ホテルの「ギャラリー禅」さんでのイベントが始まりました。
b0238760_07574419.jpg

ホテル2階のブティックスペースにお店があります。
他にはジュエリー店やナンタケットのバスケットのお店、六麓荘や奥池の物件を扱う不動産屋さんなど、芦屋ならでは!というお店が静かに並んでいます。

b0238760_07574785.jpg
こちらも学園前店と同じく、まず大きな緑が目に飛び込んできます。
今は夏らしい赤い花と青い実をつけたブルーベリー、ススキなどなど。。。

普段はお茶碗やお洋服がディスプレーされているセンターテーブルにたっぷり私の作品を並べさせていただきました。
b0238760_08091787.jpg
壁際にはAtelier SHINJIさんの彫金作品SAKITOKIKIさんのガラスなど他の方の作品も。
b0238760_07574902.jpg
こちらもシルエットの綺麗なミセス向けのお洋服もバッグもふんだんにあります。
10日までの期間中、どうぞお越しくださいませ。

竹園ホテル2階はJR芦屋駅から歩道橋で直結です。
お車の方はホテル駐車場をご利用ください。¥2000以上のお買い上げで2時間無料です。
10:00〜18:30 一部19:00まで営業している日もあり。
私は初日でした昨日のみお伺いして、あとはお店の方にお任せします。
1階のカジュアルめのレストランが改装されていて、ハワイっぽい雰囲気になっていました。
ロコモコプレートなど、食べてみたかったのですが、順番待ちしているほどの人気で、にぎやかなお喋りにあふれていました。
お時間ある方は、こちらも楽しんでみてください。

****************************

先日、朝の番組で「桃は氷水で15分冷やした後、皮ごと丸かじりが一番美味しい食べ方」と紹介されていたので、すぐに試してみました。
b0238760_07574141.jpg
美味しい桃の見分け方は「星が飛んでいるもの」だそうで、スーパーで星を探して選んできました。
b0238760_07582974.jpg
アトリエで氷水は用意できなかったので、よく洗って産毛を落とした後、丸かじり〜!

確かに星ありの桃はとても甘かったです。
皮ごと食べるのは一部苦味を感じるところや、皮が硬くて飲み込むには至らない部分もあり、桃や人によるかな〜という感じでした。皮が気にならずそのまま食べられるところもあったので、よ〜く熟れた良い桃だったら大丈夫かもしれません。
1人で丸ごと1個かぶりつくなんて贅沢〜!!!





[PR]
# by mariposa_y_rosas | 2017-08-02 08:04 | お知らせ | Comments(0)

そうだ、京都 行こう

  **7/29  今日の誕生日石  ブラックオパール**

昨日の午後、ふと思い立って京都に行ってきました。
おめあては岡崎の近代美術館の「ヴァン クリーフ&アーペル」の展覧会
b0238760_11244638.jpg
すごい人出のはずなので、8時まで開館している金曜日の遅い時間帯ならゆっくり見られるかと思い、3時すぎに出発しました。
地下鉄東山駅を出ると、土砂降り〜!
b0238760_11322982.jpg
b0238760_11244368.jpg
「しめしめ、これなら来る人も少なかろう…」と思ったのも束の間。
展示室に入ると、行列が出来ていました。

それはそれは素晴らしいジュエリーと並んで、今回は日本の工芸作家の作品も展示されていました。
トンボのジュエリーの横にトンボの蒔絵の漆箱とか、牡丹や菊のブローチの横にごくごく細かい有線七宝で花や蝶を表した花瓶とか。
洋の東西を超えて通じあうデザインを交えた展示が素敵でした。
ジュエリーを支える台座もほとんど見えなくて、真っ暗い空間にネックレスやブローチがまるで宙に浮いているかのようにディスプレーされていたのも素晴らしかったです。
そこにスポットライトが当たると虹色に反射した影が壁や床に映ったりして。

そんな中で残念なのは、人が多い余りのことなのでしょうが、「並ぶか並ばないか、並ぶのならこの線に、」だの「早く詰めろ」だの美術館の人の説明が多すぎることと、思わず息で吹き飛ばしてしまったほどケースに積もった埃が気になりました。
あんなに来館者に片っ端から「並び方」についての説明をしている暇があったらケースを拭けばいいのに。。。。

展示の中盤にはデザインを起こすところから石の選別、型を作り、実際の貴金属で作っていく各段階の作業風景の映像もたっぷりあり、実際の作業机も置いてありました。

これは私が使っているものとほとんど変わらないですね。ここだけ撮影OK!
b0238760_11244158.jpg
脇に置いてある引き出し(ヤスリや様々な工具を入れるものだと思いますが)に食らいついて見ていると、監視の方が近寄ってこられてました。
もう少しで注意されそうだったのかな〜
b0238760_11243709.jpg
ジュエリーをたっぷり見て、常設展でも河井寛次郎やレオナール藤田、シャガールなど最終の時間まで堪能してきました。
鯉や鮎、滝や水浴びなど夏らしい作品もたくさんあり、季節感を感じさせてくれました。

遅めスタートの京都散歩。
美術館1館しか訪ねられませんでしたが、満足、満足。
ま、もっと早くに出かけていたら錦市場で麩まんじゅうでもお土産に買えたんですけどね〜








[PR]
# by mariposa_y_rosas | 2017-07-29 12:22 | お散歩 | Comments(0)

ギャラリー禅 芦屋店 イベントのお知らせ

  **7/26  今日の誕生日石  枝珊瑚**

7月22日までの学園前「くらしのギャラリー 禅」さまでのイベントが終わったところですが、オーナーのご厚意により、8月1日から同様のイベントを芦屋店でもしていただくことが決まりました!


「夏のアクセサリー展」
  〜4人の作家による手作りアクセサリー〜

 8月1日(火)〜8月10日(木) 期間中無休
 くらしのギャラリー 禅(せん)JR芦屋駅前 竹園ホテル2階
b0238760_10495114.jpg
私の貝や真珠のアイテムの他には、、、
Atelier Shinji GINZA (シルバーをメインとした彫金)
SAKITOKIKI (フュージングガラスとワイヤーワークのペンダントやブローチ)
MATERIA (イタリアのボリューム感のあるモダンデザイン)
のお三方です。

ギャラリー禅さんは普段はミセス向けのお洋服をメインとしたお店ですが、蔓を編んだカゴバッグも充実していますし、繊細なレース素材のちょい足しアイテム(付け襟や手袋など)や作家の手によるガラス器、陶器、木や漆のお皿など、幅広いアイテムが揃っています。

           ↓2年前のイベントの様子
b0238760_7431062.jpg
この時は苔玉の作品展とご一緒だったので、店内が緑にあふれていました。
b0238760_7432464.jpg
いつ伺っても四季折々、表情の違うディスプレーに変化していて驚かされます。
イベント期間中もアクセサリーだけでなく、いつものお品も並んでいますので、端から端までごゆっくりご覧ください。

今年はどんなイベントになるでしょうか。
私は初日8月1日にお伺いします。
暑い時期ですが、どうぞお誘い合わせの上、お越しくださいませ。

*******************************

ギャラリー禅さんのある竹園ホテルは野球ファンの方には有名ですね。
甲子園で試合があるときの巨人軍の定宿です。
しばらく前のNHK「サラメシ」で、選手でも監督でもあった川上哲治さんが、竹園ホテルのステーキがお好きで、ホテル史上一番召し上がったのではないか、、、という逸話が紹介されていました。

私も今年は食べてみたいな〜


[PR]
# by mariposa_y_rosas | 2017-07-26 11:59 | お知らせ | Comments(0)

最後のあおむし、さなぎへ!

  **7/25  今日の誕生日石  シェル**

いちばん最後に生まれて、大きな先輩あおむしに追いやられがちだった11番目。
最後に残ったおかげで、一人部屋でのうのうと過ごしておりました。
b0238760_12092828.jpg
大きなお腹をコップのふちに乗っけて休憩中。
他の子よりもひときわ緑が深く、首の青いラインが鮮やかです。
食べ方が下手くそで、大きくなるのに時間がかかりましたが、昨晩ようやく大人になる決心をしました。
b0238760_12093278.jpg
それまではコロコロした正露丸みたいな糞をしますが、最後にお腹の中のものを全部どば〜っと出して、急いで家出をします。
↑黒い水たまりがさなぎになるご挨拶。

こうなったらさなぎになるのにふさわしい場所を探して猛ダッシュします。
ちょっと目を離したら、どこに行くかわかりません。
b0238760_12093681.jpg
健康なあおむしもちょうちょも人の手に乗ることはほとんどなく、向こうから乗ってくるのはけっこう非常事態なのですが、さなぎになる時はお構いなしです。
きっと彼らの中でタイムリミットがあって、それまでに程よい場所を見つけなければならないらしく、猪突猛進!!!! かなりの距離を歩きます。

お腹をすっからかんにしたので、あんなに丸々していたお腹がしなびちゃっています。
b0238760_12093963.jpg
数メートル歩いてもらって、そろそろ気が済んだかな〜というところでさなぎ部屋へご案内。
「この物件にしなさい」と閉じ込めておくと、今朝はこうなっていました。
b0238760_12094292.jpg
よしよしよし。ちゃんとくっついたね。
次は最後の脱皮をして、さなぎの姿に変身しましょう。

23日の朝方、9番目に遅れること半日で8番目が羽化しました。
b0238760_12094761.jpg
数時間、羽を伸ばしてもらって、外に放したところ、飛べないことが判明。
左右でちょっと羽の大きさが違うんですね。
どの段階で良くなかったのかわかりませんが、今は家の中を這いずり回っています。
ジタバタしているうちに伸びきらなかった左の羽が前羽も後ろ羽もちぎれてしまいました。
上のあおむしの周りに散らばっているのはこの子の羽です。
きれいな大人になれたと思ったのにね。
まだしばらく、この子との生活が続きそうです。





[PR]
# by mariposa_y_rosas | 2017-07-25 12:45 | 徒然なること | Comments(0)

アゲハの旅立ち&南山城村 木工工房にて

  **7/21  今日の誕生日石  モスアゲート**

昨日は一気にたくさんのちょうちょが大人になって、旅立って行きました。
b0238760_11461746.jpg
7月8日にさなぎになった4匹が続々と羽化しました。

段ボール箱のさなぎ部屋から光を求めて、窓の方へやってきます。

以前、あるちょうちょの図鑑を見ていたら、「アゲハは後ろ羽にあおむしの頃の姿を隠し持っている」というような記述がありました。
オレンジ色の部分が目で、青いところが胴体、ということなのでしょうか。
b0238760_11461311.jpg


4匹がすっかり飛べるようになって、窓から放し、出かける支度をしながら次の子の様子を伺っておりました。
7番目のこの子。
体に黒い線がくっきりと見えて、大人になる日も近いのがわかります。
b0238760_11461072.jpg
その2日後に電話帳の裏でさなぎになった10番目の子は、きれいな緑色。
b0238760_11460870.jpg
さなぎとして落ち着いた場所の色に似せるのか、茶色くなるさなぎと緑のままのさなぎができて、ダンボール箱の中の子達はみんな茶色さなぎでした。

さあ、出かけようと思った時に、あら!
b0238760_11460550.jpg
7番目が羽化しました。
昨日は良いお天気で、成人式日和。
みんな、きれいに羽を伸ばして、外の世界へ旅立ってくれました。

実は昨年は、さなぎに卵を産み付ける寄生バエにやられて、15匹のうち半分くらい食べられてしまったんです。
本当に本当に可愛がってきた子が知らないうちにすっからかんになるまで食べられていて、もう悔しくて、悲しくて。。。。
さなぎの体からニュル〜っとウジが出てきたところを目撃した時は卒倒しそうなくらいホラー映像でした。

今年はそんなことにならず、みんな無事に巣立っていってくれているので、良かったです。


*******************************

昨日、先週の奈良近鉄「ならリビングフェスタ」でお知り合いになった木工作家「Studio STAND」さんの南山城村の工房へ、女性木工作家のプジャさんとお伺いしてきました。
Studio STANDさんは、曲げ木で様々な箱物を作っておられて、清貧な暮らしを送ったシェイカー教団が作っていた「シェイカーボックス」という楕円形の曲げわっぱのような箱を得意とされています。

ブラックチェリーの薄板を曲げて、、、と聞いていたのですが、角材から2ミリの薄板を製材するところからご自分で作っていると知り、その手間に脱帽。。。
b0238760_11460235.jpg
プジャさんが薄板を切り出す機械を試しているところ↑
この他にもたくさん大型の工作機械があって、木工はとにかく場所を確保するのが大変なんでしょうね。


あぁ、シェイカーボックス自体の写真を撮ってこなかったのが残念!
シンプルに削ぎ落とされたデザインの中に込められた技術の深さを感じました。
気になる方は、Studio STANDさんで調べてみてください。

工房をあとにする頃はすっかり夜も更けていたのですが、周りには全く灯りがなく、満天の星空が広がっていました。
この辺りには珍しいハッチョウトンボやコケなど、研究対象になるような希少な動植物がいるのだそうです。
星空観測や昆虫の観察などにも素晴らしいロケーション、流星のシーズンに是非また行ってみたいです。







[PR]
# by mariposa_y_rosas | 2017-07-21 19:42 | 徒然なること | Comments(0)

このブログのご利用方法

**おことわり**
携帯電話を壊してしまいました。
しばらくケータイへのお電話、メールできません

**今後の出展予定**

7/14〜7/22 くらしのギャラリー禅 学園前店
8/1〜8/10 くらしのギャラリー禅 芦屋店
10/7、10/8 横浜ハンドメイドマルシェ


左側のカレンダーの日付をクリックすると、その日の記事が表示されます

興味を持っていただいた方はカテゴリ「はじめてのかたへ」オーダーメイドのご注文、お支払い、発送、キャンセルの方法をお知らせしておりますので、ご覧ください

すぐにお求めいただけるオリジナルの作品はコチラから→「NOW ON SALE」

お問い合わせはメール[mariposa_y_rosas@
excite.co.jp]までどうぞ

オーダーメイドやリフォームの過程をまとめたパンフレットが完成しました。ご送付を希望される方も上記アドレスまでご送付先をお知らせください。

最新の記事

蝶子ちゃんの一生
at 2017-08-19 11:57
2017年 夏休み
at 2017-08-16 10:43
リフォームオーダー 緑のリン..
at 2017-08-06 22:47
2週目の蝶
at 2017-08-05 00:15
アトリエにラジオが来た〜!!!
at 2017-08-04 22:17

最新のコメント

LaLaLaaKiLan..
by mariposa_y_rosas at 01:34
hiroyukiyaさま..
by mariposa_y_rosas at 13:11
バタフライさま、遅ればせ..
by mariposa_y_rosas at 13:05
蝶々を幼虫から育てて、サ..
by バタフライ at 22:39
hiroyukiyaさん..
by mariposa_y_rosas at 09:59
彩さま 初めまして..
by mariposa_y_rosas at 10:21

フォロー中のブログ

白い虹 
満月アンティーク

ブログジャンル

クリエイター