STUDIO MARIPOSA  あをむし日記


オーダーメイドジュエリーの制作過程や作品をご紹介 
by まりぽぉさ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:お修理 ( 33 ) タグの人気記事

お預かりシェルイヤリングの加工

  **1/29  今日の誕生日石  クリスタルクォーツ**

黒蝶貝と思われるシルバー台のイヤリングにスワロフスキーを入れて欲しい、とのことでお預かりいたしました。
b0238760_23582952.jpg
中心に穴を開け、スワロフスキーが収まる大きさまで、徐々に穴を大きくしていきます。
b0238760_23582572.jpg
スワロフスキーが水平にはまっているか、横から見ながら進めていきます。
b0238760_23582244.jpg
スワロフスキーの直径まで穴を開けた状態がこちら↓
b0238760_23582070.jpg
右側の方が貝の厚みが薄く、接着できる壁面が小さいのがわかります。
このままでは不安なので、別の貝でドーナツ型の小さなパーツを作り、裏から厚みを足すことにします。
b0238760_23581709.jpg
出来上がったのがこちら。
b0238760_23581351.jpg
青いスワロフスキーが入っているブローチは以前に阪急でお買い求めいただいたもので、グレーの真珠を付け足して欲しいとのことでこちらもお預かりしておりました。
細い花弁の円形のアイテム同士、豪華になったこの2点でセットのようにお使いいただけそうですね。






[PR]
by mariposa_y_rosas | 2017-01-29 23:57 | ピアス・イヤリング | Comments(0)

SV リング サイズ直し

  **10/24  今日の誕生日石  インディゴライト**

以前にもお直しを承けたまわった方から、シルバーリングのサイズ直しをご依頼いただきました。
最初、写メを送って来られたのを拝見して、石の入っていない地金だけのリングだったので、「出来ますよ〜」と気楽にお受けしたのですが、実物を送ってきていただいたら某有名メーカーのものでした。
b0238760_1247078.jpg

「サイズを2号大きくして、仕上げ直しも」とのご依頼。
こういうごつめのアクセサリーはガチガチ使い倒すのがかっこいいですよね。
このお品も、なかなかの使いっぷり。
b0238760_12464595.jpg

他の指にもリングをされているのか、サイドにもかなり深い打ち跡があります。

サイズ直しや加工を承けたまわる際に、どこのメーカーのものか判るものについては、正規店に持っていって、加工代や加工の方針、材質などを質問してきます。
今回も御堂筋にあるお店に初めて行ってみました。
20年ほど前からあったと思いますが、恐れ多くて入ったことのないお店で、一歩足を踏み入れた瞬間から別世界!!と思うほど、外界から隔絶された濃密な世界観を作り上げていて、さすがだな〜と感心しきりでした。
インテリアの細部にわたるまで、ブランドイメージが行き届いていて、ここの商品を好きな方はこの世界観を身につけること対してお金を払っているんだな、というのがよくわかりました。

で、お店の方にサイズ直しについて質問してみると、「当店ではサイズ直しも仕上げ直しも受け付けておりません」とのお返事。
私のところに加工の依頼がまわってきたときに、正規店でビックリするような加工代を提示されたのかな。。。と想像していましたが、そもそもサイズ直しを受け付けてくれないとは!!!!!
商品はかなりのお値段がするのに、アフターサービスがないというお店の姿勢に衝撃を受けました。

それではサイズ直しに取りかかります。
b0238760_1247950.jpg

リングの真下の部分を糸ノコで切って、2号分(約2ミリ)の銀の地金を挟み込みます。
b0238760_12471218.jpg


バーナーで熱して、本体よりも低温で融ける銀合金でロウ付けします。
b0238760_1247143.jpg

ロウ付けし終わって、リングと挟んだ地金の間にロウがまわった状態。
b0238760_12471638.jpg

あとははみ出た地金をヤスリで落として、紙ヤスリで磨いていきます。

で、できあがったのがこちら。
b0238760_12473260.jpg

b0238760_1320514.jpg

本家の黒仕上げの方法は判らないのですが、火をかけてもあまり変化しなかったので、そのまま磨ける部分だけ磨いてフィニッシュにしました。
b0238760_1247267.jpg

「仕上げ直しも。。。」というご依頼でしたが、キズを取りきってしまうと地金を痩せさせてしまうので、そこそこ、というくらいに留めまています。

せっかくの高価なお品なので、これからも長く使っていただきたいですね〜!
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-10-24 13:54 | リング | Comments(0)

ブレス→ペンダント お修理

  **7/17  今日の誕生日石  砂金**

スワロフスキーがびっしりと敷きつめられたブレスレット。
ブレスレットよりもペンダントのほうが使いやすいので…とのことでチェーンを長いものに付け替えるお直しをいたしました。
b0238760_11113637.jpg

チェーンをお直しする前に、まずは抜け落ちたスワロフスキーもたくさんあったので、それを埋めていきます。
b0238760_11112472.jpg

古い接着剤やはがれた箔を取り除いてから、新しいスワロフスキーを接着していきます。

汗をかく時期でありますので、新しいチェーンはステンレス製のものに付け変えました。
オリジナルのチェーンは真鍮にロジウムメッキを3回ほどこして、はがれにくい加工をしてあるとのことでしたが、そのような素材が私は入手できないので、汗や紫外線で変色したり、かゆくなったりしづらいステンレスを選びました。
b0238760_11111898.jpg

スワロも抜けてるところがないように目を凝らしてうめましたよ〜
b0238760_11101030.jpg

金具、アジャスターはもとのままです。
息子さんから贈られた大切なお品とのこと。
また新たな姿になって、お着けいただく場が広がれば息子さんもブレスレットも喜んでいただけるのではないでしょうか。。。。
b0238760_1194559.jpg

[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-07-17 11:20 | ペンダント・ネックレス | Comments(0)

大きな大きなブローチ お修理完成!

  **7/13  今日の誕生日石  クリソベリル結晶**

ピンクのラインストーンの入った華やかなブローチのお修理が出来上がりました。
b0238760_17514556.jpg

もとは一続きの大きなブローチでしたが、真ん中から割れてしまい、それぞれを単体で使えるブローチにお直しを施しました。
b0238760_1759257.jpg

大きなピンクのストーンが入ったほうに新たにブローチ金具を取り付けました。
メインストーン左上に見える唐草状のパーツにも表から見えないところで脚をつけ、強度を持たせてあります。
b0238760_17515237.jpg



b0238760_1759559.jpg

↑小さな枝先のパーツが折れてしまったのを小ぶりのストーンが入ったほうのブローチの下部にくっつけ↓、全体が三角形のシルエットになるようにしました。
b0238760_1752457.jpg

あとは、折れたパーツの先などを滑らかに削って、抜け落ちたスワロフスキーを埋めて完成です。

これでまたドレスアップの仕上げにお使いいただけます。
b0238760_17521679.jpg

2つになったブローチをどのように組み合わせてみても、それなりの形に見えるんですよね。
もとのデザインの妙だと思います。
それにしても、びっしり敷きつめられたスワロフスキー、どこがはずれててどこが嵌まっているか見分けるのが大変!抜けててもキラキラしているので、漏れがないように見つめていると目がチカチカ……


*********************************


今朝ほど、十一男が無事におとなになりました。
b0238760_18194913.jpg

気づいたときにはすっかり羽も伸びていて、別れを惜しむ間もなく飛んで行ってしまいました。
もう一枚くらい写真に納まってくれてもいいのに……
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-07-13 18:22 | ブローチ | Comments(0)

大きな大きなブローチ お修理

  **7/12  今日の誕生日石  ビキシバイト**

外科手術を待つ大きなブローチが運び込まれてまいりました。
b0238760_1243241.jpg

全長18センチほどもある華やかなブローチ。
こちら、自重に耐えきれず、真ん中からまっ二つ。(&小さいパーツも折れちゃいました)
b0238760_12424967.jpg

細かいストーンもところどころ抜け落ちています。
これだけの大きなパーツを再びくっつけても、もつかどうか保証しかねる状態でしたので、大きなストーンのついたほうにもブローチ金具を取り付けて、2つのブローチとしてお使いいただくことにいたしました。
b0238760_1242515.jpg

初めて触る素材なので、うまくいくかヒヤヒヤものですが、なんとかチャレンジしてみます!

*********************************

庭にやって来たイトトンボ。
メタリックな体も綺麗ですが、半透明に見える目がエメラルドみたいで吸い込まれそう…
b0238760_1246315.jpg

[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-07-12 13:03 | ただいま制作中 | Comments(0)

翡翠ブローチ お修理完成

  **5/18  今日の誕生日石  ゴシェナイト**

大粒の翡翠のはいったブローチのお修理が出来上がりました。
b0238760_23532989.jpg

もともとのご依頼は、はずれてしまったブローチ金具を付けなおしてほしい、というもの。
b0238760_23533440.jpg

お預かりして、くまなく拝見すると地金にもお石にも擦れたキズがあることがわかり、一旦、お石をはずして研磨しなおすところからはじめることに。
b0238760_23533937.jpg

石の研磨は専門のところにお願いして、私は金具を取り付け、地金を磨きなおします。

b0238760_23524950.jpg

b0238760_23524893.jpg

地金にもお石にも輝きがよみがえったら、1まわり大きく見えて、最初から立派なお品でしたが、さらにオーラが出てきた気がします。

大切にされていたお品、これからも末長くお使いいただけますように。。
b0238760_017682.jpg




*********************************

今日、仕事から帰ってくると、ちゃいろむしからあおむしへと大変身してました〜〜〜〜!!!
b0238760_21431942.jpg

一昨日、そろそろだ、って言った通りでしょ♪
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-05-18 01:52 | ブローチ | Comments(0)

パールネックレス 金具取り替え

  **5/4  今日の誕生日石  ペリドット原石**

ピンク、パープル、白とさまざまな色をとりまぜたナチュラルカラーの淡水真珠のネックレスをお買い上げいただきました。
b0238760_11165469.jpg

差し込み式のクラスプでお作りしていたのですが、マグネットタイプのほうが使いやすいとのことで、金具を付け替えることにします。
b0238760_11165142.jpg

↑大きなマグネット金具

こちらはつやも良く、大きな珠でしたので、「オールノット」と呼ばれる、珠の1つ1つに結び目を入れる糸の通し方をしています。
b0238760_11164896.jpg


オールノットには
① 穴の開け口で珠がこすれ合わず、珠にキズがつかない。
② 万が一、糸が切れてもバラバラにならない。
③ 連がなめらかに動き、ロングネックレスでは結んで使うこともできる

などのメリットがあります。
ただ、その分、糸通しはかなり大変なのです。
心を静かに保つ修行のつもりでとりかかります。

まず、結び目を1つずつ切って、珠をはずしていきます。
b0238760_11164689.jpg

真珠用の糸はハサミでは切れないような特殊な強い糸を使っているので、金属用のニッパーで切って、珠の順番が狂わないように並べていきます。

b0238760_11164427.jpg

一旦、全部の珠を糸に通してから、珠の間に結び目を作りながら往復します。
b0238760_11164136.jpg

最後の最後の結び目が一番の難関。
これがうまくいかず、最初からやりなおし〜!なんてこともよくあります。
今回は1発でうまくいきました〜!!!
b0238760_11163853.jpg

マルチカラーと珠のいびつさが可愛らしい1点。
春のお出かけのお供にしていただけましように。。。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-05-04 00:16 | ペンダント・ネックレス | Comments(0)

翡翠ブローチ お修理[3]

  **4/22  今日の誕生日石  カメオ**

引き続き、翡翠のブローチお修理に取りかかっています。
はずれてしまった針を回転させる金具を取り付ける作業をします。
まずは足元を整えましょう。
b0238760_182641100.jpg

金具を付ける場所に帯を渡して、金具をしっかり固定できるような足場を作ります。
b0238760_1827045.jpg

足元が安定したら、金具を取り付けます。
b0238760_18271116.jpg

ジュエリーのブローチ針は先まで同じ太さの丸線で出来ていて、個別に長さを合わせてカットし、そのつど先端を削って尖らせます。
b0238760_18272645.jpg

b0238760_18274126.jpg

これはジュエリーの仕事をし始めて、びっくりしたことの1つです。
アクセサリーだとサイズごとに既製品の金具があって、アイテムの大きさに合わせて選んで接着するだけで良いのですが、ジュエリーはアイテムに合わせて針を作るんですね。
金具の動き具合もジュエリーとアクセサリーでは違っていて、アクセサリーだと遊びが多くてパタンと針が落ちる感じですが、ジュエリーではそれはとても不安な感じだと思われるので、手を離したところで止まるように調整します。

金具が付いたら、表面の仕上げをしていきます。
ヘラという道具でキズを押しならして、できるだけ地金を削らないで光沢が出るように仕上げていきます。
b0238760_18285847.jpg

↑ヘラがけしているところにはこんな怪我がありました。
b0238760_18303862.jpg

磨きなおして、、、
b0238760_1831084.jpg

つるりんとなりました。
これで、あとはお石を留めなおせば完成です!
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-04-22 19:03 | Comments(0)

翡翠ブローチお修理 [2]

  **4/20  今日の誕生日石  ジェダイト**

4月1日からの続きです。
翡翠の表面にスリ傷があったので、一旦ブローチ枠からはずして再研磨することになりました。
宝石の研磨をしてくれる会社に持ち込んで、作業の様子を見学させていただきました。
b0238760_353447.jpg

円盤状の砥石に当ててはルーペで確認する、という細かい作業です。
b0238760_3534693.jpg


その結果…
b0238760_3534164.jpg

この傷が見事、消えました!!!
b0238760_3535117.jpg

表面につやがよみがえって、私のカメラや蛍光灯ががくっきりはっきり写り込んでいます。
変な角度がついたりせず、なめらかなカボションカットのままで仕上がりました。

お石がきれいになったので、ブローチ本体のほうも作業を進めます。
まずは、石目の打ち替えから。(数字はぼかしてあります)
b0238760_3564398.jpg

再研磨で元の石目から少し減っているので、刻印を打ちなおします。
元の刻印を押しつぶして、平らにします。プラチナは柔らかいので、丘陵地の造成のように高いところの地金を低いところに寄せてならしていく、ということができるのです。
b0238760_3565351.jpg

b0238760_3565635.jpg

新たな刻印を打ち込んで、現状の石目になりました。
b0238760_3574598.jpg


次はブローチ金具の取り付けにかかります。
今日のところはこのへんで。。。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-04-20 04:21 | ただいま制作中 | Comments(0)

翡翠ブローチ お修理

  **4/1  今日の誕生日石  パイライト**

新しい年度がスタートしましたね!
桜も見頃を迎えて、いよいよ春が全開になった気がします。
私も昨年度とは違う新たな一歩を踏み出していきたいですね

4月初めにとりかかるのは手術を待つ患者さんです。
b0238760_18502114.jpg


綺麗な緑色の翡翠のブローチ。
針を回転させる軸の金具が取れてしまっています。
b0238760_18394197.jpg

取れた金具をそのまま付けられれば良かったのですが、針の根元がかかるところまで亀裂が入ってしまって、このまま付けると針が動かなくなっちゃいます。
b0238760_184379.jpg

残念ですが、新しい金具と交換です。

全身をくまなくあらためて見ると、もう1つ患部がありました。
b0238760_18311518.jpg

表側の地金にこすれた痕。
これくらいはよくお使いいただいているアイテムにはよくあること。
磨き直して傷を消すことは可能です。
問題は、お石にもザッとこすれた傷が入っています。
b0238760_18312114.jpg

このままでお使いいただくのもありなのですが、お客さまとご相談しましたら「きれいに直したい」とのこと。

お石をはずして、石の研磨屋さんに磨き直しをお願いする間にブローチ金具をお直しします。
なかなかの手術になりますが、石を留めたままブローチ金具を付ける作業をするよりも、一旦お石をはずして火を使うほうが心置きなく作業を進められますので、石のためには格段に安全です。
さあ、気を引き締めてとりかかりましょう!!!!
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2015-04-01 23:29 | ブローチ | Comments(0)

このブログのご利用方法

**今後の出展予定**

11/12 龍安寺参道商店街 秋祭り
11/15 きれい⭐︎可愛いフェスタ 奈良ロイヤルホテル
11/27〜12/3 天満屋福山店1階
12/6〜12 奈良近鉄6階 ならリビングフェスタ
2018年1/3〜9 梅田阪急10階南街区 パーク2



左側のカレンダーの日付をクリックすると、その日の記事が表示されます

興味を持っていただいた方はカテゴリ「はじめてのかたへ」オーダーメイドのご注文、お支払い、発送、キャンセルの方法をお知らせしておりますので、ご覧ください

すぐにお求めいただけるオリジナルの作品はコチラから→「NOW ON SALE」

お問い合わせはメール[mariposa_y_rosas@
excite.co.jp]までどうぞ

オーダーメイドやリフォームの過程をまとめたパンフレットが完成しました。ご送付を希望される方も上記アドレスまでご送付先をお知らせください。

最新のコメント

ひろ雪夜さま、こんにちは..
by mariposa_y_rosas at 09:15
お久しぶりです。以前に全..
by ひろ雪夜 at 19:57
LaLaLaaKiLan..
by mariposa_y_rosas at 01:34
hiroyukiyaさま..
by mariposa_y_rosas at 13:11
バタフライさま、遅ればせ..
by mariposa_y_rosas at 13:05
蝶々を幼虫から育てて、サ..
by バタフライ at 22:39

フォロー中のブログ

白い虹 
満月アンティーク

ブログジャンル

クリエイター