STUDIO MARIPOSA  あをむし日記


オーダーメイドジュエリーの制作過程や作品をご紹介 
by まりぽぉさ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:いただきます( 35 )

東京 仕入れの旅(腹ごしらえバージョン)

  **9/5  今日の誕生日石  ゴールデンパール**

8月の末、東京へ真珠や色石、ダイヤの仕入れに行ってきました。
ちょっと買いすぎたかな〜と思うくらい、様々な色の色石を買っちゃいました。
まだその美貌をちゃんとポートレートに撮影できていないので、おいおいご紹介することにして。。。。

今日は食いしん坊の腹ごしらえバージョン。
お引越しが迫った築地市場へまだ行ったことがなかったので、これが最後のチャンス!と思って朝ごはんを食べに行ってきました。
朝からホルモン丼。
こってり赤味噌味です。
b0238760_21522093.jpg

ぐつぐつ煮えたぎる大鍋からよそわれるホルモン。朝から汗をかきながらいただいてきました。¥850だったかな。。。
市場関係者の方が食べる市場飯を目指して行ったのですが、行ってみるとこんな感じ。
b0238760_21522309.jpg

ほとんどが外国人観光客で、行きたかったお店は長蛇の行列。そしてお寿司や海鮮丼などは¥3000以上もして、「朝からそんなもの、食べてられへんわ!」とようやくたどり着いたのが上記のホルモン丼。
大阪もそうですが、日本人は相手にされてない感じで、ちょっと残念です。

築地は甘い卵焼きも有名なので、仕入れ中のお弁当にと厚焼き卵の挟まったサンドイッチを買いました。
お台場の展示会場を歩き回って疲れた時に、お菓子のように甘い卵焼きのサンドイッチ。
これは美味しかったです。
b0238760_21522625.jpg

2日目は午前中に荻窪〜西荻窪を歩き回ってきました。
西荻窪はアンティークを扱うお店が多いと聞いたので、行ってみたのですが、アンティークというよりは古道具屋さんといった風情で、買ったものは無し。
途中のパン屋さんで出くわしたチョコクロワッサンは美しい生地の層でとっても魅力的な姿でした。
b0238760_21522832.jpg

今回の東京行きの目的の1つが、少し前のBS「極上!スイーツマジック」で紹介された、野菜を使ったケーキを得意とするシェフのお店に行くこと。
放送ではトマトを使ったケーキをプレゼンテーションしていたのですが、荻窪駅前のお店が映った時に画面の左端にちらりとだけ映った「セロリのケーキ」というのが食べたくて仕方なくなったのです。
午前中に行った時にはまだ品数が出揃ってなくて、西荻窪をひとしきり散策した後、お昼頃に再訪しました。

薄いクリーム色のムースの中にセロリ、根セロリの歯ごたえ。
さらりと食べきってしまいました。
新たに姿を現したメロンとココナツ、バナナのタルトも思わず注文。
メロンのオレンジ色が目に鮮やかな、暑い時期にはぴったりのトロピカルな1品でした。
b0238760_21523198.jpg

こちら、サラダやコロッケなどのお惣菜の販売もあるので、お夕飯用に買って帰りたかったのですが、まだまだ暑い日中を歩き回る予定だったので、泣く泣く断念。
今度、涼しくなったら食べてみたいです。

午後からはもう1つの目的「ショーメ展」へ。
詳しいことはまた今度。
うっとりするような数多くのジュエリーを眺めて、癒されてきました。

夜はロシア料理の「スンガリー」へ。
先日、鬼籍に入られたチェブラーシカの作者エドゥアルド・ウスペンスキーを偲びながらいただきました。
「ブリヌイ(薄いパンケーキでサワークリーム、野菜、サーモンを巻いたもの)」
ブリヌイ、トマト、玉ねぎ、きゅうりなどの野菜、サワークリームを盛った大きなお皿を手にウエートレスさんがやってきて、給仕用の大きなスプーンとフォークを片手で操ってブリヌイにサワークリームを塗り、順々に野菜を載せ、くるりと巻いてサービスしてくださいました。
片手だけで全てを完了した見事な手つきに見とれてしまいました。
b0238760_21523421.jpg
ペリメニやボルシチといった代表的なお料理もいただいた後、
「羊肉のアジカソース(グルジア風のちょっと辛いスパイーシーなトマトソース)」をメインに。
b0238760_21523671.jpg
チーズを巻いた八幡巻きみたいなお肉とカリカリに焼いたリブ、2種類のお肉がたまらなく美味しかったです。
そして、私が愛してやまない「ロシアの黒パン」もすごく美味しいのが出てきて、びっくり。
あまりに美味しすぎて、私が好きなのはもうちょっと硬くて、酸っぱくて、美味しくないやつなんだけどなぁ、と思うほど、美味しいパンでした。

今度は来年1月の見本市のために東京に行くかもしれないので、その時はまたロシア料理、食べたいなぁ〜


*******************************


台風一過の今日の夕焼け。
b0238760_21535791.jpg
アトリエの前の池の風景です。
アトリエの敷地内でもプロパンガスを置く小屋や駐車場の屋根が吹き飛ばされていました。
あちこちでひどい爪痕が残されましたね。
関西空港で働く友人もいるので、復旧が長引きそうで心配です。









[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-09-05 23:23 | いただきます | Comments(0)

下関の美味しいものたち

  **7/12  今日の誕生日石  ビキシバイト**

下関、名古屋、奈良、とイベント続きで、ようやく今日は久々にアトリエで落ち着いて作業ができました。

なかなかご紹介できなかった下関でいただいた美味しいものたちを今更ながらアップしたいと思います。
まずは南港から出航したフェリーでのお夕飯のバイキング。
b0238760_18244079.jpg
トラックの運転手さんが多いせいか、お味はちょっと濃いめ。
枝豆の味がただの塩ではなく海の味がする気がしました。
18時20分ごろ、甲板の上で潮風を受けながら明石海峡大橋を仰ぎ見て、その後の夕暮れの空の色の移り変わりを窓から眺めながらお食事なんて、とってもロマンティックです。(お相手がいれば、のお話ですが)

先日からの中国地方の大雨で道路が寸断されて、私が乗ったフェリーなどが物資の輸送を担うトラックの重要なルートになっているとの記事を昨日の新聞で読みました。フェリーに乗っている間は運転の緊張から解放され、お風呂やベッドで足を伸ばせるので、運転手さんの負担が減らせますよね。必要なものが早く無事に届けられますように。



門司港に着いてから、レンタカーであちこち走り回った様子は以前にご紹介しましたが、なかなかお食事どころを見つけられず、お腹を空かせたまま午後3時近くなってしまいました。
真っ青な水をたたえた弁天池にたどり着いたところで、いきなりの雨!!!
すぐ横の池で育てられている鱒のお料理を出してくれるお店が目の前にあったので、雨宿りがてら入りました。
b0238760_18251446.jpg
塩焼き&唐揚げ。
唐揚げは頭から尻尾まで、かぶりついて全部食べちゃいました。姿かたちがすっかり消失!

そして郷土料理の「せごし」
背骨ごと輪切りにしたお造りで、酢味噌で頂きます。
骨がゴリゴリ歯に当たるので、歯の弱い方にはお勧めしません。
私は大丈夫。
これを食べた後、大急ぎで下関大丸へ搬入に向かいました。
b0238760_18251029.jpg


下関大丸の社員さんに「この辺りで美味しいお店は?」と尋ねた時にお二人から同じお店をお勧めされました。
それが海鮮丼が美味しいという「おかもと」という浜の家みたいなお店。
b0238760_18250509.jpg
店内はにぎにぎしくお客さんで埋め尽くされていて、順番を待つ間に「注文、決まってる〜?」と威勢の良いお兄さんに訊かれ、メニュー表を見ることもなく「あ、あ、海鮮丼で。。。」と頼んでしまいました。
他にどんなメニューがあるのかも見てないのに〜。。。

で、運ばれてきたのがこちら。
b0238760_18245900.jpg
いったい何種類のっているか判りません。
カニ、鮭、エビ、イカ、カツオ、サバ、アジ、あたりまではこの写真で判別つくでしょうか。
お刺身だけでなく、胡麻和えにしたもの、漬けにしたもの、生姜がのっているもの、色とりどり。
b0238760_19040999.jpg
真っ赤な身のクジラの漬けかな、酢味噌がのった背骨ごとぶつ切りにしたプニョッとした白身の魚は何かわかりません。
アラのお味噌汁も美味しい。

せっかくここまできて、フグを食べずに帰るわけにはいきません。
かといって、お造り2000円を一人で食べるのもなぁ〜、と悩み、唐揚げ¥850を追加で注文。
b0238760_18244944.jpg
揚げたて熱々のフグは本当に絶品。
カリッとした衣に包まれたふわっとした白身。
1口では食べきれない大きな身に夢中で食らいつきました。
お代わりしたいくらい美味しかったなぁ。。。
ホントに美味しかったなぁ。。。。

ホテル暮らしを1週間続けるにあたって、最初に探すもの、それはデパートの閉店後でも開いてる近くの食品スーパー。
地元の食材をお安く食べるには、これが一番。
大丸のすぐ横にもスーパーがあって、ある日のお夕飯に買った4パック。
b0238760_18244731.jpg
近海のお刺身、フグの皮の湯引き、海鮮丼にのってたけど何か判らなかったもの、海藻を煮て固めた「おきゅーと」
これだけ買って¥1000しないなんて。これを2日に分けていただきま〜す!

何者かわからなかった白身は「フカ」と判明。
茶色のまだら模様のゼラチン質の皮が付いて、背骨ごとスライスして茹でてあります。
やっぱり酢味噌が付いていました。
フカは新潟の祖父が好きで、2センチほどの切り身を煮魚にしてよく食べていました。
パサついた身だと思っていましたが、こちらの茹でた身はふわっとしっとり。
2日目は少しフカ独特のアンモニア臭が出てきました。でも私は平気。
b0238760_18244449.jpg
そして、見つけて感激したのが「おきゅーと」
こちらも新潟でほぼ同じものを「エゴ」としてよく食します。
新潟に帰省した時にスーパーで買い溜めしますが、年々厚みが減って、値段が高くなっている気が。。。。
それが下関では分厚いパックがびっくりするほどお安く売られていて、食べずにいられませんでした。

クーラーバッグでもあれば買って帰りたいくらいなのですが、フェリーでゆっくり帰るお土産にはちょっと。。。
下関、本当にいろんなものが美味しかったので、また行きたい、食べたい気持ちでいっぱいです。
b0238760_19362985.jpg















[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-07-12 19:49 | いただきます | Comments(0)

私の名古屋メシ

  **7/3  今日の誕生日石  ロッククリスタル**

もう10年ほども前に「日経 大人のOFF」という雑誌で素敵なレストランを特集した号がありました。
私のバイブルというくらい頼りにした雑誌で、いくつかチャレンジしたもののドレスコードにひっかかって入れてもらえない、という敷居の高いお店もありました。
その中で、仕事で名古屋に出張したおり、地下鉄で足を伸ばして行ってみたのが桜山にある「セレスティ」という日本家屋でいただくフレンチのお店。
記憶に残る1皿をいただくことができる、というのが確信できるお店です。

数年に1度くらいは名古屋に行く機会があり、本店、栄店と行って、今回は桜山のお店へ。
遅い時間に到着したので、お客さんはもう私1人。
b0238760_00023871.jpg

待合でセッティングができるのを待ちます。
シェフとお料理の好みを話し合い、お肉を今回は牛を選んであとはお任せ。

2階のテーブルに通され、お庭の木々を眺めながら、シャンパンでもシェリーでもなく、冷たいジンジャーエールで喉を潤します。
b0238760_23544700.jpg

涼やかなコーディネートで出てきたのは前菜の前の冷たいアミューズ。
爽やかな柑橘の酸味のあるトロトロした食感の3つ。
じゅん菜やオクラ、ガスパチョのさっぱりした味が昼間の暑さを忘れさせてくれます。
b0238760_23545063.jpg

前菜はハモとゼリー寄せにしたウニ、なんとかいうカリッとした食感の黄色い野菜、ズッキーニ、アボカド、スイカなどの1皿。
ハモには優しい梅の味。
b0238760_23545234.jpg


お魚料理。
運ばれてきたときから、少し泡だった海老のソースの良い香りに食欲全開になります。
b0238760_23545483.jpg

左から三河湾の鱒、イカスミを練り込んだ黒いラビオリ、甘鯛のウロコ焼き、ホタテの入った白いラビオリ。
お魚のカリッと焼き上げた食感とラビオリのむっちりした食感。
コントラストの効いた歯ごたえに感動しました。
それにもうお皿を舐めたいくらい海老のソースの美味しいこと!

じ〜んと余韻をかみしめているうちにお肉料理が運ばれてきました。
b0238760_23545685.jpg

ローストしたお肉と頬肉の煮込みにジャガイモを添えて、さくらんぼのソースでいただきます。
赤身のガツンとした感じかと思いきや、上品で官能的な味。
とにかく目を閉じて、ジワ〜っとお肉の味を口いっぱいに広げてゆっくり楽しみます。
1口ずつ口に運ぶたびに食べ終わりが近づいてしまうのが残念でなりません。

デザートの前に、チーズを1皿。
羊のチーズをカットしてもらいましたが、喉の奥でウールの暖かさを感じる気がしました。

デセールとコーヒー&小菓子。
b0238760_23545855.jpg

マンゴープリンの周りにに白ワインのゼリーをクラッシュして夏らしいフルーツを忍び込ませてあります。

食後にはシェフとゆっくりお話しする時間もあり、学生時代はボクシングをしていたという意外な経歴をお聞きしました。
学園前にお知り合いのシェフが開いたレストランがあるとショップカードをいただくと、気になっていたものの、扉を開けづらくて入ったことのないお店。
今度、勇気を出して行ってみたいと思います。

1人きりのディナーでシェフを独り占めできて、とっても贅沢な時間を過ごせました。
味噌カツもひつまぶしもエビフライも小倉トーストもいいけど、私の名古屋メシといえばここです。




[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-07-03 00:59 | いただきます | Comments(0)

福山にて 食指の動いたものたち

  **12/13  今日の誕生日石  ネフライト**

昨日までの奈良近鉄「ならリビングフェスタ」も無事に終了しました。
お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。
出展の度にお越しいただくご常連のお客様にも、初めてお会いするお客様にも、そして、今までどこかの出展時にお話を交わしていて、今回初めてお買い上げ頂いたお客様にも、皆さま、本当に感謝申し上げます。

遅ればせながら、先週の福山天満屋さんに滞在していたときに食べたあれやこれやです。

b0238760_23485374.jpg
訪れたときは福山城の紅葉が真っ赤に染まって、とても美しかったです。
b0238760_23480651.jpg

福山までの道のりは大阪駅から高速バスで。
ちょうど大阪マラソンの日で御堂筋の通行止のため、通常なら難波から乗れるのに大阪駅の外れのほうまで行かないといけなかったのですが、迂回路に曲がる前に見えた御堂筋の黄色いイチョウもまた綺麗でした。

途中、岡山県の吉備SAで桃太郎と鬼ちゃんのパンを見つけました。
桃の方は手作り感のある桃ジャムと桃クリームが2層になってて美味しかったです。
鬼ちゃんの中身はチョコレートクリームかと思いきや違ったのですが、すでに記憶喪失。。。。
「思ってたのと違う〜」と思った記憶しか残っておりません。なんだったっけ????
b0238760_23490648.jpg


天満屋さんの食料品売り場の壁に日替わりパンの紹介が。
その中に「呉のメロンパン」があり、ときめきました💗
昨年の天満屋さんで初めて出会い、そのずっしりとした重さとたっぷり入ったクリームに驚いたパンです。
b0238760_23471821.jpg
ラグビーボール型のクッキー生地に包まれたお饅頭のようなパン。
白あんかと思って食べていた中身が実はカスタードクリームだと材料表示を見て知り、衝撃を受けました。
大きさもそこそこあるのですが、見た目以上にずっしりどっしりした重量感と満腹感。
お昼ご飯に食べて、お土産にもう1個買おうと夕方にもう1度行ったらもう売り切れ!
クセになるレトロ感です。大好き!

夕方の休憩時のお供はこれ。
しまなみドルチェのアイスクリーム。
いろんな味があって、日替わりで楽しみました。

「愛媛の栗」
モンブランのような薄茶色の見た目を予想してフタを開けると、真っ白い世界が広がっていました。
ミルクアイス?と思いながら食べ進めていくと、半分を過ぎたあたりからに栗のツブツブが現れ出したのです。
かなりたくさん栗が入っていて、なかなか美味しかったです。
b0238760_23462808.jpg
「尾道のイチジク」
こちらは最初からイチジク感たっぷり。
尾道ってイチジクが名産なのねぇ、今度、福山に来ることがあったら尾道に行ってしまなみ海道の海と島じまを見てみたいです。
b0238760_23455895.jpg

今回、近くにスーパーを発見し、夜はそこのお弁当やお惣菜を食べる毎日。
ホテルまでの帰り道に福山ラーメンの看板を見つけ、搬出の後、帰りの新幹線に乗るまでに食べて帰ることを決意!

去年、お隣の売り場の販売員さんから「くわいのスープが美味しいよ」とお聞きし、探し歩いたのですが、時期ではなかったようで、見つけられませんでした。
が、今年は駅構内の大きなお土産屋さんで発見!!!

本日めでたくいただきました。
b0238760_23453460.jpg

じゃがいものポタージュのような、ねっとりした濃厚さがあり、ブイヨンの味もしっかりついてて、とても美味しかったです。
寒い時期にぴったりのスープです。

最終日、搬出を終えて、駅に向かうとすぐに新幹線が来てしまうことに。
福山ラーメンを食べて帰る決意もむなしく、20:30の新幹線に乗り込みました。
平日ならラーメン1杯くらい何としても食べてくるところですが、日曜日だったので、先々の日曜ダイヤが不安で。。。
結局、最寄駅には23時過ぎに着いたので、諦めて正解だったかなぁ。
ラーメンはまた次のお楽しみにとっておきます。
福山の方、福山ラーメンの特徴とか美味しいお店とか、ご存知だったら教えてくださいね〜!




[PR]
by mariposa_y_rosas | 2017-12-13 23:55 | いただきます | Comments(0)

横浜〜東京 いただきます

  **10/16  今日の誕生日石  瑪瑙**

横浜では中華街の中にあるドミトリーに宿泊しました。
b0238760_18314468.jpg

男女混合、2段ベッドというなかなかチャレンジングな場所です。
でも!食べるところには困らないはず!
かつて横浜に住んでいたお知り合いにオススメのお店を聞くと「最近はバイキング形式の新しいお店が増えて、昔からの美味しいお店はよくわからなくなっちゃって」とのこと。
自分のアンテナを信じて、探してみます。
経験上、知らない土地では看板があまり派手でないお店を選びます。

初日の夜。
昭和30年台からやっているという小さめのお店に入りました。
サラダ、春巻き1つ、点心2つ、なんとか炒麺、スープ、ご飯、ザーサイ、杏仁豆腐
以上で950円
b0238760_18321463.jpg
サラダと春巻き、点心までいただいたところでそこそこお腹が膨れてきて、どんと山盛りの麺に添えられたまさかのご飯に絶句。
麺を平らげるだけで精一杯で、ご飯には口をつけずに終わってしまいました。
でも、小皿に出てきたザーサイが美味しくてお代わりしたいくらいでしたが、どこにもそんな隙間はありません。
最後に杏仁豆腐を必死で詰め込んで、お夕飯終了。
レジで「お腹いっぱいです」と言うと、中国人の奥さんが「うちの人は田舎者だから、なんでもいっぱい出しちゃうのよ」とのこと。
中国での食事マナーは「食べきれないくらいいっぱい出すのが礼儀」と聞いたことがあります。残すくらいで大丈夫なのかな。。。


2日目の夜。
路地を入った目立たないお店をチョイス。
こちらも同様のセットで1000円弱。
昨日、学んだので「ご飯は結構です」とお断りしました。
蒸し立てのエビ餃子、小龍包、エビと野菜がたっぷりの汁そば。
こちらもザーサイと杏仁豆腐つきです。
b0238760_18321862.jpg
メインのお料理もそれぞれに美味しかったんですが、ザーサイと杏仁豆腐は2店で味が全然違うのにびっくりしました。
ザーサイはどちらも塩気が薄めで、漬物というよりも野菜のおかずとしてずっと食べていられる感じ。
杏仁豆腐も花の香りがするような、今まで食べたことのない味でした。

2日間、中華料理を満喫いたしました。

b0238760_18315881.jpg

3日目、横浜を離れ、上野の「怖い絵」展へ。
まさかの50分待ちで、10月とは思えない炎天下の中、前日食べそびれたパンをかじりながら行列に並びました。
b0238760_18322450.jpg
本当は上野駅構内にある「レカン」の支店で優雅にランチをする予定だったのに。。。
残念!!!

4日目、御徒町で仕入れなどしながら帰ります。
各地の駅弁を取り扱う東京駅の駅弁屋さんで、残りわずかとなった駅弁の中から私の食指が動いたのはこちら。

b0238760_18323020.jpg
「高崎名物 鶏めし御弁当」
レトロな掛け紙がポイントです。
鶏そぼろ、炭火焼、照り焼きと3種類の鶏料理がもっちりしたおこわみたいなご飯に乗っていて、シンプルですが、駅弁らしい風情で満足です。
短めの割り箸で食べるのも駅弁ぽくて良いです。

他にも行きたいところは多々あるのですが、荷物多めの今回の移動では諦めざるをえませんでした。
また今度。


初めての横浜行き。
この景色がやっぱりハイライトですね。
次に行けるのはいつになるかしら〜
b0238760_18314970.jpg



[PR]
by mariposa_y_rosas | 2017-10-16 19:28 | いただきます | Comments(0)

鞆の浦&福山 ごちそうさま!

  **12/23  今日の誕生日石  オレンジジェード**

12月11日のお昼頃、鞆の浦に到着し、第一の目的の神社にお参りしたのち、町をぶらぶら散策開始!

そうそう、「買ってきて」と頼まれたものを探さなくては。。。
手ががりは「養命酒みたいな酒粕」
実際に歩き出したら、あちこちに「保命酒」という看板が出ていて、これか!というのはすぐにわかりました。
その中で古そうな店構えの1軒で酒粕を入手。
とりあえず、指令は果たしたので、あとは好きなものを食べ歩くぞ〜!

b0238760_21051533.jpg

とうろどうを入江の向こうに見渡せる雁木のほとりにあったお店で「朝焼きのちくわ」というのに惹かれて、お昼ご飯の前につまみ食い。
10センチほどの竹筒ごとパックされています
b0238760_17485173.jpg
雁木に腰掛けて、潮溜まりのヤドカリを眺めながら、ガシガシ食らいついてきました。

お昼ご飯はちくわを買ったお店で勧められた「鯛めし」を。
b0238760_17484874.jpg
皮に焼き目をつけた鯛の身が入った鯛めしと鯛のあら汁、厚切りでブリンブリンのお造りなどをいただきました。
ちくわも食べたところだし、食べきれなかったご飯をおむすびにして持って帰ろう、と思っていたのに、おひつ一杯分平らげてしまいました。

鞆の浦の路地を歩いているうちに昔ながらの、食料品と洗剤などの日用品を置いている小さな商店でレトロなパッケージのパンを見つけて、つい買ってしましました。
b0238760_17484441.jpg
バタークリームの中に砂糖のジャリッとした食感のあるバターロールパンとつぶあんパン。
泊まったホテルではしっかりとした和朝食がいただけるので、合わないけどお夕飯に1つずつ食べました。

天満屋さんの社員食堂は非常に美味しく、特に最初に食べたカレーがお野菜がゴロゴロして、社食で食べるものとは思えませんでした。コロッケカレー、普通のカレー、カレーそばとバリエーションを変えて何度もいただきました。
でも、普段の朝ご飯がパン食の私としては、1日のどこかでパンが食べたくなるんですね。
そこで、地下の食料品売り場のパンを買って、食堂に向かう途中で見つけてしまったんです。
しまなみ海道の特産を使ったアイスクリーム!!!
b0238760_17484132.jpg
福山の街の花、バラ味
b0238760_17483837.jpg
愛媛の栗とお惣菜売り場で買ったクワイの素揚げ。
福山はクワイの産地だそうで、私の大好きなクワイがお正月を前に食べられるなんて、感激です。
b0238760_17483415.jpg
尾道の桃とクジラのカツ、エスカレーター横でたまたま売っていた呉のメロンパン。
持つとびっくりするくらい重たくて、中にずっしりと固めのカスタードクリームが詰まっていました。
翌日も買おうと思ったら、その日だけの販売だったようで、再会できませんでした。

b0238760_17483097.jpg
因島のはっさく。
前日、因島からのお客様が次々とお買い上げいただいて、ありがたかったので、この日ははっさくで。
シャリシャリのシャーベットは苦味もあって美味しかったのですが、冬ではなく夏場にまた食べたいかな。
b0238760_17482002.jpg
お夕飯はずーっと閉店後に店員さん向けにお安くされた売れ残りのお弁当などを買っていたのですが(千円以上するなだ万のお弁当が400円で買えたりしたんです。ありがたい!!!)、1度は広島焼きも食べて帰らないと!と駅前のお好み焼き屋さんへ。
キャベツだけでなく、もやしも入った肉玉、半そば入りをおたふくソースたっぷりで頂きました。
満足。。。


最終日、お昼の楽しみのアイスクリームは再びバラ。
毎日、う〜んう〜んと悩みながら1つずつ買っていく私を店員さんも覚えていて「バラは2回目じゃないですか?」と言われてしまったのですが、バラがやっぱり1番好きだったので締めくくりはバラにしました。
尾道のイチジクとものすごく迷ったんですけどね。2つ買おうかとも。
でも、朝ごはんをたっぷり食べてきていて、2つ食べられるほどお腹が空かないんですよね〜
b0238760_17481787.jpg
まだ他にも伊予柑やデコポンだったかな?食べていない味がいくつもあるので、次の機会に楽しみは取っておくことにします。

1人での楽しみを見つけられるとしんどい仕事も頑張れます。
仕事の前に鞆の浦でエネルギーも注入できたし、美味しいものと一緒に10日間の長丁場を乗り切れました〜!!!
















[PR]
by mariposa_y_rosas | 2016-12-23 00:05 | いただきます | Comments(0)

オモニの韓国料理教室

  **3/17  今日の誕生日石  エメラルド**

お客様の中で、韓国がお好きでよく韓国に行ってこられる方に「韓国からお友達が来て、お料理教室をしてもらうから来てね〜」とお誘いいただき、行ってまいりました。
オモニは韓国で食堂をされていたそうで、手早く大量に食材を準備していきます。
b0238760_4565951.jpg

作ったのは、韓国風海苔巻きのキンパ、春雨炒めのチャプチェと3種のチヂミ。
b0238760_456556.jpg

↑キンパに巻く具材は手前のタッパーに入ったオモニお手製のごぼうの佃煮、カニカマ、きゅうり、ハム、たくあん、玉子焼き、細切りにして炒めた人参。
↓キンパにはキンパ用の細長いハムやたくあん、日本では見ない長さのカニカマがあって、それらも韓国から持ってきてくださっていました。
b0238760_4565732.jpg

海苔も、塩味とごま油のついた透けてる韓国海苔とは違って、味付きではない黒い海苔です。
それを硬めに炊いて、塩とごま油で味をつけたご飯を広げて巻いていきます。

チヂミも3種類と盛りだくさん!
b0238760_5161019.jpg

一般的なニラチヂミの他に細切りにしたジャガイモに卵、小麦粉、塩で味付けしたジャガイモチヂミ、すりおろした南瓜に同じく卵、小麦粉、塩を混ぜた南瓜チヂミをたっぷりの油を敷いて揚げ焼きのように焼いていきます。

たっぷり作ったお料理はその場でいただきましたがまだまだ残っていたので、パックに詰めて山ほどお土産に持って帰らせていただきました。
b0238760_4571734.jpg

試食用に取り分けたのがこちら。このほかに4人分のお土産。ものすごくたくさん作ったんです!!!
真ん中の男の子は2歳になるオモニのお孫さん。
日本に留学経験のある娘さんと今回の旅行に来られていました。
いっぱいお料理を作ってもてなすのがお好きだそうで、旅行先でもこんなにどんどん作っちゃうのね!?と思うくらいに動きっぱなし。

楽しくてお腹いっぱいになるひとときでした。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2016-03-17 05:33 | いただきます | Comments(0)

宇和島 食べまくり

  **1/6  今日の誕生日石  スターガーネット**


12月26日に宇和島の曲烏(まがらす)にある真珠の加工場を見学した後、そこをご紹介してくださった方のお宅へお邪魔することに。。。
加工場で外套膜を取り出され廃棄されるあこや貝をちょっと分けていただきました。
貝には身もついたまま。
貝柱だけを残してから外します。。。
b0238760_215735.jpg

さっと湯がいて、塩胡椒で熱々をいただきました。
b0238760_2151147.jpg

勾玉型の貝柱はホタテよりも歯ごたえがあって、コリコリした食感。
現地でシーズンにしか食べられない珍味です??

お手製の蕪の甘酢漬けにも貝柱と伊予のみかんの皮がゆずの代わりに香りづけとして。
b0238760_2151489.jpg


早朝からお宅の前の岸壁で釣って用意してくださっていた小アジをさばいて、お刺身で。
b0238760_2151842.jpg

半身丸ままの贅沢なお刺身をいただいている間にも、お心づくしのおもてなしが続きます。
アジの身とマヨネーズで和えたカニと玉ねぎスライスで巻き寿司に。
b0238760_2152154.jpg

この後、さらに握りずしまで作っていただいて、お腹パンパンになるまで目一杯いただきました。

宇和島は海のイメージですが、由良半島はほぼ山道の1本道で、いきなり海が現れる感じ。
こちらは帰りに半島の根元まで戻ってきた時の1枚。
b0238760_2152593.jpg

海が大好きなので、いつまでも見ていたい景色ですが、レンタカーの返却期限があるので、とっとと高速に乗って、松山に戻ります。

松山に近づくと高島屋の観覧車がだいぶ遠くからでも目印のように見えて、「あ〜、戻ってきちゃったなぁ」とすでに宇和島ロスな気分に。
20時の期限ギリギリにレンタカーを返し、22時20分の夜行バスまでに夕食を食べる予定でしたが、ず〜っと食べ続けていて、お腹が空かない。。。
でも!!!アジの巻き寿司を折につめて持たせていただいていたので、それはなんとか食べてしまわないと傷んでしまう
しばしカフェで年賀状を書きながら、時間を潰し、バスに乗る直前にお寿司を完食し、無事に奈良まで戻ってまいりました。

来シーズンは珠出しに合わせて、時間もゆっくりとって行きたいですね。
あとちょっと走れば高知の四万十。
川でも海でも楽しみながら四国を1周してみたい気分に駆られた松山⇄宇和島のドライブでした。
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2016-01-06 23:12 | いただきます | Comments(0)

北海道での「いっただきま〜す」

  **1/29  今日の誕生日石  クリスタルクォーツ**

10日ほど前、北海道へスキーをしに行ったおり、食欲のおもむくままに食べたものをご紹介

初日、久しぶりの北海道の寒さとスキーで疲れた体に投入したのは「味噌ラーメン」
b0238760_25767.jpg

こちらはススキノのラーメン横町のはじにある「白樺山荘」さんの1杯。
しっかりした太目の黄色い麺にこってりしすぎていないスープで、お気に入りの味
写真を見ているだけでまた食べたくなってしまいます。

デザートに買ってかえったラベンダー味のアイスクリームもよそでは食べられないお味でした。


2日目は「お寿司」
寒い地方ならではのネタを頂きたいですよね〜
まずはボタン海老からスタート!
身のほうはあっという間に食べてしまって撮りそこねましたが、そのあとにミソと卵を軍艦巻にしたものが出てきました。
b0238760_257263.jpg

この時期、旬の鱈の白子。こちらでは「タチ」と呼ぶそうです。
b0238760_2564950.jpg

生の白子はクリーミーというより、さらっと消えるくらい軽い食感でした。

そして、「ごっこ汁」
b0238760_2565735.jpg

ごっこ(ダンゴウオ)の身はどぅるんどぅるんのゼラチン質
b0238760_2565285.jpg

卵も入ったおすましでいただきました。

お寿司は腹7分目にしておいて、2軒目のジンギスカンへGO!!!
b0238760_2564731.jpg

生のラムとタレに漬け込んだものと注文。
ラム自体の香りは生のほうが強いので、それも捨てがたいのですが、タレがとっても美味しくて、漬け込んだお肉も最高!!!
閉店間際に駆け込んだので、長居できなかったのが残念。。。
もっと食べたかったなぁ

3日目、スキーを片付けて夕張のゲレンデから空港へ向かうバスの中で食べたのがコチラ
b0238760_2564312.jpg

夕張メロンのクリームの入ったメロンパン。
本当にメロンの味のするメロンパンは初めて食べたかも。
ゲレンデ直結のホテルのベーカリーで焼いてるだけあって、きちんと美味しいパンでした。

朝食はバイキングだとして、お昼ごはんの形跡がないなぁ、と思われたあなた、正解です!
お昼休憩も惜しんで滑りまくるので、お昼ごはんは食べないのです。
チョコレートやサラミをポケットにしのばせ、リフトの上でつまむ、これが私のゲレンデでの過ごし方で〜す!
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2014-01-29 03:40 | いただきます | Comments(0)

スペインバルにて

  **12/9  今日の誕生日石  スモーキー クオーツ**

昨日、西梅田にありますスペインバル「BAR MARU」さんへ行ってまいりました。
オープンから7周年記念ということで、フラメンコライブを見たいとご希望のお知り合いの方をお連れしました。

まずはサングリアで乾杯!
b0238760_1452294.jpg

ドライフルーツをたくさん入れた飲みやすいお味。。実はドリンク飲み放題です

前菜にはエスカルゴ、ポテトサラダ、ラタトゥーユ、エスカベッシュ、生ハム盛り合わせと盛りだくさん
b0238760_1452638.jpg


この後、キノコのアヒージョ&バゲット、チキンのロースト ベリーのソース添え 付け合わせにポテトも出てきて、お腹が満たされてきたころフラメンコのショーが始まりました

b0238760_145312.jpg

フラメンコのショーは基本的に生歌&生ギター♪
踊り手と歌、ギターの絡み合いがスリリングなのです。
今回、お目当ては関西では数少ない男性ダンサーの1人。
フラメンコを習いはじめたのは同じ頃だったのに、彼はどんどんダンサーとしての道を歩んで、今では自分のスタジオを主宰するまでになっています。すごいな〜、すごいな〜、すごいな〜、みっちゃん!

最後に「セビジャーナス」をみんなで踊ることになり、私も少しばかり踊ってきました(しかも、上の男性ダンサーとペアで
↓大きな背中が見えてるスペイン人男性はチョリソーの差し入れを振る舞ってくださったり、カスタネットで即興でリズムを取って盛り上げてくださったりと、本場の気分がぐ〜んとアップしました!!!
b0238760_1454567.jpg

フラメンコが終わってダンサーの方々とお喋りしているうちに、テーブルにパエリヤのお皿が!
ついさっきまでステージだったところに大きなパエリヤ鍋が運ばれていました
b0238760_1454131.jpg

↑愛嬌たっぷりの可愛いアレグリアスを踊ったお店の看板娘とみっちゃんに挟まれて。
「おかわり、どうぞ」と言われても、もうすっかりお腹いっぱいなのですが、ムール貝もアサリもエビもたっぷりの美味しいパエリヤだったので、はちきれそうなところに更におかわりしてしまいました(エヘ)
明日から節制しま〜す!!!
[PR]
by mariposa_y_rosas | 2013-12-09 01:45 | いただきます | Comments(0)

このブログのご利用方法


アドレス変更のお知らせ
2018年9月15日をもって「mariposa_y_rosas
@yahoo.co.jp」に変わりました。
アドレスを登録していただいている方は@以下を「@excite」から「@yahoo」へ変更お願いします。

**今後の出展予定**

9/19〜24 京都大丸 7階 手芸用品売り場

10/13〜21 岡山「さしこう」木工作家の渡邊主税さんと2人展

10/26〜27 新阪急ホテル2階 すみれの間、横 「秋の感謝祭」

11/9 〜13 金沢 香林坊大和 8階ホール 手仕事フェア

11/18  龍安寺参道商店街 秋祭り

11/21 奈良ロイヤルホテル ならリビングフェスタ

12/5〜11 奈良近鉄 6階催事場 ならリビングフェスタ

12/7 奈良ホテル 奈良ソロプチミスト バザー

12/26〜31 梅田阪急10階 南街区パーク2

2/6〜12 下関大丸5階 


左側のカレンダーの日付をクリックすると、その日の記事が表示されます

興味を持っていただいた方はカテゴリ「はじめてのかたへ」オーダーメイドのご注文、お支払い、発送、キャンセルの方法をお知らせしておりますので、ご覧ください

すぐにお求めいただけるオリジナルの作品はコチラから→「NOW ON SALE」

お問い合わせはメール[mariposa_y_rosas@
yahoo.co.jp]までどうぞ

オーダーメイドやリフォームの過程をまとめたパンフレットが完成しました。ご送付を希望される方も上記アドレスまでご送付先をお知らせください。

最新のコメント

ひろ雪夜さま、こんにちは..
by mariposa_y_rosas at 09:15
お久しぶりです。以前に全..
by ひろ雪夜 at 19:57
LaLaLaaKiLan..
by mariposa_y_rosas at 01:34
hiroyukiyaさま..
by mariposa_y_rosas at 13:11
バタフライさま、遅ればせ..
by mariposa_y_rosas at 13:05
蝶々を幼虫から育てて、サ..
by バタフライ at 22:39

フォロー中のブログ

白い虹 
満月アンティーク

ブログジャンル

クリエイター