STUDIO MARIPOSA  あをむし日記


オーダーメイドジュエリーの制作過程や作品をご紹介 
by まりぽぉさ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ちょうちょ ( 102 ) タグの人気記事

ルリタテハ、羽化しました!

  **11/6  今日の誕生日石  チェーン**

先日、庭のホトトギスにくっついていたタテハ蝶のサナギをお家に入れ、いつちょうちょになるか心待ちにしておりました。
アゲハと違って、逆さにぶら下がっています。
尖った角が悪魔っぽくてちょっと怖い感じがしますが、背中の点々が金色に輝き、キラキラするのがなんとも不思議です。
b0238760_17181316.jpg
この赤茶色のサナギが昨夜から真っ黒に変身していたので、羽化が近いと確信しました。

で、今朝起きた時にはすっかりちょうちょに。
b0238760_17181842.jpg
冬に向かうこの時期に生まれて大丈夫?と思うのですが、この子は蝶の姿で冬越しできる強い種類。
山茶花などをご飯にしているそうです。(飛んでる姿を見たことないので、よくわからなのですが)
冬の木々にまぎれる、本当に素晴らしい出来栄えのカモフラージュです。
木の皮が凸凹しているみたいに見えますが、実際は凸凹してません。
間近で見ても不思議!

うちで何匹も飼っているアゲハとは違うところが色々あって、眺め甲斐があります。
顔まで真っ黒なので、目鼻がどこにあるかもわかりづらいのですが、正面から見るとこんなお顔。
b0238760_17182011.jpg
まるでバルタン星人です。
触覚はほとんど1本に見えるほどぴっちり閉じています。
お口のストローはどこにあるのかよく見えません。
寒さに耐えるためか、足はしっかり太めです。
全てがカサっとした質感に統一されています。


一方、こちらはアゲハちゃん。
真っ黒でツヤツヤした大きなお目々と優美な曲線の触覚。
人間でも昆虫でも、うるうるの瞳は可愛いと思われる共通項でしょうか。
b0238760_17182546.jpg

ルリタテハの横顔はというと、、、
首をすくめて羽の間に埋もれているみたいに見えます。肩が凝りそうな姿勢。
触覚はかなり後頭部から生えているようです。
頭、胸、腹の区別も、足までも一体になって、なんだかよくわからない。。。。
b0238760_17182289.jpg
見慣れたアゲハちゃん。
羽に比べて、以外と体が大きいのねぇ。
いや、上の羽と下の羽が重なっているからそう感じるだけかも。
ルリタテハは上翅と下翅を重ねずにとまっています。
b0238760_17182795.jpg

お庭に出して、「ルリタテハ」の瑠璃色を拝める瞬間をじーっと待ちました。
日が高く暖かくなった頃、触覚を細かく震わせてからゆっくり開いたその時、パッと羽を広げ、一瞬で飛び去ってしまいました。
b0238760_17475434.jpg
あ〜、また写真を撮る間も無かった。。。
アゲハは名残惜しそうに周りをぐるぐる飛んだりするのですが、この子は羽を開いたその1回目で飛んで行っちゃいました。練習もウォーミングアップもなしで、いきなりよく飛べるものです。
またもやご開帳と言いたくなるくらい神々しい碧紫色は私の記憶の中だけの秘密です。
こんな地味に見える姿の裏で、美しい羽を持っているなんて奥ゆかしい子です。









[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-11-06 18:29 | 徒然なること | Comments(0)

阪急 秋の感謝祭 終了

  **10/28  今日の誕生日石  ヘキサゴナルを示すサファイア**

10月26日、27日の2日間、開催されました新阪急ホテルでの「秋の感謝祭」が無事に終了しました。
ホテルの2階フロアー全体を使って、服飾雑貨、子供服、メガネ、宝飾品、食品などいろいろなものが集まります。
店頭では並ばない特価品なども多数あり、初日は開場を早めるほど朝からたくさんのお客様がお越しでした。

私は「すみれの間・横」という小部屋で、手編みニットのお店と2ブランドでの出展。
b0238760_15465469.jpg
先日の岡山「さしこう」さんで分けていただいた木のプレート。
これに商品を載せると重厚感がぐっと出て、すごく良く見えます。
良いものをゲットできました!
b0238760_15465866.jpg
広告でご紹介した品をめがけて来てくださったお客様、ありがとうございます。
朝イチから、また遠くから「もう残ってないかと思って!」と急いで来てくださったりして、たくさんあるお品の中からよくこれに目を留めていただいたなぁ、と有り難い限りです。
b0238760_15470271.jpg

今回強く感じたのは、それぞれのお客様に明確な目的があって、それに合ったお色、素材、デザインをきっちり選んでいらっしゃる、ということ。
「なんとなく欲しくなって、、、」というよりも、おそらく数多くの機会で着けていただけるのでは、という気がします。
私としても、「それならこちらの方が、、、」とオススメしやすかったです。

阪急での催しとしては12月26日から大晦日まで、梅田阪急10階南街区 パーク2にて他の2ブランドさんと出展します。今年は1月2日の仕事始めも、大晦日の仕事納めも梅田阪急です。
紅白歌合戦の時間に家にいないなんて、人生で初めての経験かもしれません。
きっと大掃除もままならないなぁ。。。
それまでに前もってきれいに!!! なんて多分できないでしょう。。。。


********************************


新阪急ホテルにいる間に家からメールが来ました。
「ちょうちょ、生まれたよ」
いつもブログにアップしているアゲハではなく寒い時期でも活動するタテハ蝶の仲間のサナギが1匹いたのですが、その子が羽化したのです。
b0238760_15470796.jpg

「外に出しといて」と頼んでいたのですが、私が家に帰った頃にはまだ飛び立っていなかったので、対面できました。
b0238760_15470463.jpg
木の皮か落ち葉みたいな羽。
真っ黒で目がつり上がったように見える怖い顔。
でも、羽を広げると中に美しい青紫色の模様が見えます。
一晩お家にいてもらって、今日、日が高くなってから外に放しました。
あまり動きが良くなかったので、もしや飛べないのでは?と心配しながら手に乗せて外に連れ出し、明るいところで記念撮影を、と思ったより早く、あっという間に高く飛び去ってしまいました。
背中のきれいな色を撮れなかったじゃないの〜!
図鑑で見るとこんなちょうちょ。
サナギを見つけた時はヒョウモンチョウだと思っていたのにルリタテハでした。
b0238760_15470925.jpg
金色の点々が光るサナギといい、落ち葉みたいな羽といい、自然のデザインの不思議に触れたひと時でした。



[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-10-28 16:45 | 徒然なること | Comments(0)

最後の蝶子ちゃん

  **8/12  今日の誕生日石  コンシャ アゲート**

8月10日の朝、残る最後のサナギが黒く変身しておりました。
b0238760_12190099.jpg
お顔も羽の模様も透けて見えてきています。
羽化はもうすぐ!!!
b0238760_12190368.jpg
頭と背中の角の中はどうやら空っぽになっているみたいです。
背中には毛が生えているのまで見えちゃっています。
たいてい朝がたに羽化するのにお昼近くなってきました。
羽を乾かして飛び立つ時間を考えたら、そろそろ羽化しないと暗くなってしまいます。
暗くなってから外に放すのは危険なので、早く羽化してくれないかな〜、と何度も話しかけながら待ち続けます。

時間が経つにつれて、どんどん羽の色がくっきりしてきました。
b0238760_12190671.jpg
1時間半ほどずっと眺めておりましたが、お昼ご飯の支度のためにちょっとばかり目を離したすきに!
b0238760_12190990.jpg
生まれてた〜!!!
変態の瞬間を見ようとカメラをずっとスタンバイしていたのに、見逃した〜!!!
もう羽がここまで伸びているということは、30分くらいは経ってそうな。。。。
置き場所を変えてすぐに羽化したみたいじゃないの〜!!!
b0238760_12191550.jpg
見やすい場所に移動させたら、ちょうどおしっこをしました。
羽に体液を行き渡らせた後、残ったのを排泄するそうなので、これで羽を伸ばすの完了!の合図。
よかった、ちゃんと羽が伸びきって。
b0238760_12192099.jpg
3時間ほど部屋で休憩してもらって、日が高いうちに外に出しました。
なんの名残も残さず、ぴゃ〜っと高く飛んで行ってしまった。。。


これで、今年のあおむし&ちょうちょとの生活も終わり。
うちでガサゴソいう子がいなくなってしまうのは、寂しいなぁ。
酷暑のせいで、餌の葉っぱが軒並み枯れてしまい、次世代あおむし分のエサがもうないのです。
暑すぎるせいか、今年は大きな黒アゲハや長崎アゲハが来ないし、キアゲハも少ない気がします。

残る楽しみは、アトリエの隣人のパセリについているキアゲハ4匹の成長。
昨日は1匹が脱皮して、最終形のあおむしになっておりました。
きっとむくむく大きくなるはず!






[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-08-12 12:55 | 徒然なること | Comments(0)

久しぶりの「あおむし」日記

  **6/18  今日の誕生日石  ゴールドナゲット**

ここしばらく忙しくて、あまりご紹介する機会がなかったですが、今年もうちにはアゲハのあおむしたちがおります。
あおむし用に育てている山椒やミカン、レモン、三つ葉などがあり、それぞれの食草のアゲハがやってきます。
なぜか今年は山椒が人気がなく、数本ある山椒がみんな無事なのですが、レモンの人気が異様に高くて、葉っぱが食い尽くされてしまいました。
b0238760_01201956.jpg
神奈川の京急出展から戻り、レモンの木を見るとぐったり餓え死にしそうなあおむしが1匹。
「これはいかん!」と家の中に保護し、ミカンの葉っぱをあげて回復を待ちました。

その子がなんとか持ち直し、昨日、サナギになりました。

あおむし時代は葉っぱから降りることなく、じっとしているので、放し飼いでもなんの問題もないのですが、サナギになるときだけはあちこち歩き回り、サナギになるのにふさわしい場所を探し回るのです。
そろそろサナギになる時が近いな〜と思いながらも油断して寝てしまったところ、翌朝、行方不明に。。。。。
あちこち捜索の結果、お米を入れているタッパーにくっついてところを発見!
b0238760_01260554.jpg
この状態になったらもう動かせません。
このまま、ちょうちょになるまでの10日ほどを過ごしてもらいましょう。

上の状態は前蛹(ぜんよう)と言います。体の上下3つ分くらいに糸を張り巡らせて、これから張る命綱の土台を作っています。この時を狙う寄生蜂がいるので、油断なりません。
背中に命綱を渡し、約1日、じーっとしているうちに瑞々しい緑だった体がカサカサの枯れ草色になってきます。
体の形も徐々に変わっています。
b0238760_01261168.jpg
ついに、サナギになるための大仕事。あおむしの皮を脱ぎ捨てます。
背中から皮が破れて、下へ下へと皮を脱いでいくのです。
今まで首の後ろにあった黒い太い線がお尻の方まで来ています。
b0238760_01261332.jpg

b0238760_01261563.jpg
お尻の先っちょまで出ました!
b0238760_01261892.jpg
この後、左右に大きく身をよじって、お尻の先に溜まった皮を下に落とします。
そんなに力一杯、動いて大丈夫なの?と思うくらいの勢いで体をのけぞったり揺らしたりするのですが、細い細い命綱は強くて、切れません。
人間が山の斜面でこんな格好をしようと思ったら、丈夫なロープやピッケル、様々な道具を買ってきて、教えてもらいながら練習を重ねないとできないでしょうが、この子たちは全部、自分で必要十分の強度を持つ材料を用意し、1回きりの本番で上手に成し遂げていきます。
本当にすごいことです。

上半身の濃い緑色の部分は羽の形ができています。
ムニュムニュ歩いていた吸盤付きの足(みたいなもの)は平らに引っ込んで、お腹になってしまいました。
白い模様だけがその痕跡。
b0238760_01262168.jpg
この子は下関から帰ってくる頃にはまだサナギのままのはず。
でも、もう1匹、数日前にサナギになった子は下関に行っている間にちょうちょになってるな〜
2人とも、無事に過ごしていてね。








[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-06-18 02:08 | 徒然なること | Comments(0)

越冬サナギ、羽化!

  **4/23  今日の誕生日石  砂漠のバラ**

昨日の朝のことになりますが、昨年秋にサナギになって冬を越したアゲハが無事にちょうちょになりました。
21日の夜から羽根の模様が透けて見えてきていたので、羽化が近いことはわかりました。
b0238760_20103700.jpg
それまではずっとこんな薄茶色でした。
b0238760_11475499.jpg
22日の朝、目の前にサナギ部屋を置いて、いつ羽化しても良いようにスタンバイ。
9時50分過ぎにピシッと音がして、サナギが割れました!
出てくるのはあっという間。
b0238760_21442005.jpg
b0238760_21442353.jpg
b0238760_17573045.jpg
どうやって、あのサナギの中に羽根や触覚をコンパクトに折りたたんでいたのでしょう。
いきなりピヨ〜ンと美しい曲線の触覚が出てきます。
b0238760_17573369.jpg
しばらく羽根を乾かして、お口を伸ばしてみたりしています。
b0238760_17573581.jpg
羽化して1時間ほど。
そろそろ羽根も伸びきったかな〜、と手に乗せた瞬間。。。。
b0238760_17573730.jpg
おしっこをひっかけられた〜!
可愛いから許すけど。

3時間ほど窓辺で休んでもらい、午後に庭に放しました。
あなた、男の子だったのね。
女の子だったら卵を産みに戻ってくるためにその場をウロウロして、場所を体に記憶させてから飛び立っていきます。
その一方、男の子は飛べると思った瞬間、ピャ〜っと何の名残も残さず飛んで行ってしまうもの。
最初の飛び方の下手くそなこと! でも、太陽に向かって迷いなく飛んで行ったね。

庭のみかんやレモンの新芽に卵が産み付けられています。
新しいあおむしと対面するのも間もなくです。
b0238760_17583689.jpg





[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-04-23 00:05 | 徒然なること | Comments(0)

アゲハ、誕生!!!

  **4/10  今日の誕生日石  カラーレスジルコン**

昨夜、アトリエから戻り、いつものようにサナギ部屋をチェックすると、、、
お〜っ!見えた!!オレンジ色の羽の模様です。
やった〜!生まれました!!!
b0238760_11474591.jpg
そういえば、昨日あたりから色が黒くなってたもんね。
夜のうちに外に出すのはやめて、朝まで暗くした部屋で過ごしてもらいます。

で、今朝。
すっかり羽も伸びきって、準備万端。
モンシロチョウより1回り大きいくらいのち〜っちゃいアゲハです。
b0238760_11475065.jpg
b0238760_11474861.jpg
手に乗せるとすぐに明るい窓辺へ飛んで行きました。
b0238760_11475202.jpg
よかった〜、ちゃんと飛べます。
この子、餌が少ない時期に育ち、すごく小さい体のままサナギになって、ひときわ小さいサナギが出来上がっていたんです。
右上がこの子。左の白っぽい子が通常サイズ。
b0238760_11475499.jpg
これが歴代のあおむし達がここでサナギになって、巣立っていったサナギ部屋です。
壁には羽化した時に出した最初のおしっこのシミがあちこちについてます。
もちろんこの子も。
これ↓は今朝した2回目のもの。昨夜のうちにたっぷりしてありました。昨年の秋から半年、よく我慢してられるものです。
b0238760_11475789.jpg
ひとしきり鑑賞して、暖かいひなたへ放します。
ちょこん、ちょこんと小さく飛んで、ひなたで十分に体を温めてから、高く手の届かないところへ飛んで行きました。
b0238760_11480094.jpg

山椒の新芽もみかんやレモンの新芽も、三つ葉やパセリもスタンバイしています。
次世代の子達がやってくるのはいつになるかな〜

b0238760_11480541.jpg








[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-04-10 12:11 | 徒然なること | Comments(0)

あこや貝のちょうちょピアス 加工完成

  **3/26  今日の誕生日石  プラチナ原石**

あこや貝のちょうちょピアスに取り付けたメッキ素材の金具をK18に取り替えるお直し2点が出来上がりました。
b0238760_14384199.jpg
表から見た姿は今までと変わりません。
b0238760_14385268.jpg

こちらは金具の形状がだいぶ変わりました。
b0238760_14385694.jpg
以前は「キドニー」タイプと呼ばれる金具↓でしたが、玉状のトップに芯が付いているタイプ↑に変更。
b0238760_18500363.jpg
b0238760_14384958.jpg

ちょうちょと金具をつなぐ環もキャッチもK18です。
金になると、やはり重厚さが増しますね。
b0238760_14384569.jpg

「アレルギーが出る」とのお申し出で、ステンレス、K18、プラチナの3種のお見積もりを出した中で、今回はK18
で加工しました。
他にもアレルギーをお持ちで、使うのをためらわれている方にはあらかじめご希望の素材でお作りすることも可能ですので、どうぞご相談くださいませ。


*****************************

リフレッシュのために、週末、初めての有馬温泉へ。
昔、祖父が「手ぬぐいが染まるくらい真っ赤なお湯だった」と言ってた通り、足湯に浸かったのを拭いただけでタオルがしっかり鉄色になりました。
b0238760_14552463.jpg






[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-03-26 15:01 | ピアス・イヤリング | Comments(0)

あこや貝のちょうちょピアス お直し

  ** 3/25  今日の誕生日石 ピンクジルコン**

数年前にお買い上げ頂いたちょうちょのピアス2点。
金具が外れてしまったのを機に、アレルギーの出ないK18の金具にそれぞれ付け替えるお直しを承りました。
b0238760_18500363.jpg
小さい方のピアスはほぼ同じサイズの金具がありました。
b0238760_18501245.jpg
大きい方は、お耳につく玉状の金具からぶら下がる形にちょっと変身させることになりました。
b0238760_18500953.jpg


まず、外れていない方の金具を外し、コーティングしていた樹脂を削り落とします。
b0238760_18502172.jpg
元の銀色の金具(合金にメッキ素材)とK18の金具。
金はやっぱりきれいですねぇ。
b0238760_18501871.jpg
こちらを新たに接着し、貝の表面を再び透明樹脂でコーティングします。
明日は出来上がった姿をご紹介します。




[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-03-25 10:55 | ただいま制作中 | Comments(0)

蝶子ちゃん、大往生

  **3/10  今日の誕生日石  真鍮**

2月6日に羽化してしまったキアゲハの蝶子ちゃん。
b0238760_00112590.jpg
生まれたてはひよこみたいに黄色いふわふわの毛に包まれています。 
お目々も黒く艶っつや。
おでこの間のモヒカンがチャームポイントです。
b0238760_11542636.jpg

通常、蝶々は羽化後1週間から10日の命、と聞いているのですが、3月3日までの25日間を生きて大往生しました。


蝶々ってなかなか触れる機会がないと思いますが、すごく力強い生き物です。
背中のふわふわ毛に触ろうとして、すごく嫌がられ「バシッッ」と羽を閉じられた時の勢いと強さにびっくりしました。
羽をパタパタさせている時も、近くで聞くとバサバサ音がするくらいのはばたきで、ひらひら浮かぶように飛んでいるように見えても相当な風が起こります。渡りをする蝶が一斉に飛び立つと嵐になるというのは納得です。
あの細い手の先にも2本に分かれた爪が付いていて、掴まれると結構痛いのです。
日に何度も「蝶子ちゃ〜ん」「ごはんですよ〜」と呼んでいると、言葉を聞き分けられるのか、私の声に反応してくれるようになりました。
私が夕飯を食べる前に蝶子ちゃんにご飯をあげるので、夕飯時になるとテンションが上がって、テーブルの上をグルグル飛び回り、父には嫌がられていたのですが、他の家族はおかまいなしに飛ばしっぱなしを続けておりました。
はちみつを薄めたご飯をあげ過ぎたのか、お腹パンパンの太っちょな蝶々になってしまいました。
寒いのが苦手なので、ストーブの近くにトコトコ自分から歩いてきました。

羽化後2週間を過ぎると握力が弱くなってきて、掴まっていた花から落ちるようになり、20日を過ぎてからは足で体を支えるのが難しく、意識が遠くなってる時間が多いなぁ、という気配になってきました。
b0238760_00081160.jpg
↑2月末になり、少し日差しが暖かくなってひなたぼっこ中


最後の5日程はほとんど食欲も無くなっていたので、お口を湿らせる程度しかご飯をあげられなかったのですが、そこからすごい根性を見せてくれました。
私は高島屋の出展があったので、毎日今生の別れを告げながら出勤したのですが、会期3日目まで頑張ってくれました。デパートから帰ってきて、「蝶子ちゃ〜ん」と呼びかけると触角を動かしてくれるのが何よりもホッとする瞬間。
あんなに太ってたお腹も折れ曲がるほどペタンコになって、すっからかんに燃え尽きて旅立って行きました。
今は、あおむし時代に食べていた庭の三つ葉の根元に眠っております。

1度も空を飛ばせてあげられなかったこと、誰にもお友達に会わせてあげられなかったことが心残り。。。。
昇天した先で思いっきり仲間と飛んでもらいたいです。
蝶子ちゃ〜ん、飼い主バカ全開の楽しい時間だったよ〜!



[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-03-10 01:25 | 徒然なること | Comments(0)

春の知らせ [2]

  **2/7  今日の誕生日石  カンゴーム**


とても寒い日が続きますね。
雪に慣れた北陸でも生活に滞りが出ている様子。
そんな中で、うちには思わぬ形で春がやってきました。
b0238760_12004219.jpg
昨年の9月5日に冷蔵庫の横でサナギになったキアゲハ↓が昨日、羽化しました。
b0238760_11542488.jpg

春のアゲハは小さめですが、この子はかなり小さいです。
ナミアゲハの小型の子と同じくらい小さいです。
あおむしの時は普通の大きさだったのに。(この2人のどちらかです)
b0238760_01104947.jpg

できることならサナギ部屋と呼んでいる箱の中でサナギになって欲しかったのですが、知らない間に脱出して冷蔵庫の横でサナギになっておりました。
サナギ部屋の箱は暖房をつけない涼しい部屋に置いて、春まで待機中ですが、この子は動かすことができず、ここ数日、特に暖房を強めにしていたところ、春が来たと思ってしまったようです。

まいったなぁ。。。。
この寒さでは外に出すわけにいきません。
仕方ないので、お家飼いです。

まずはお花を何種類か買ってきましたが、あまりお口に合わなかったようなので、はちみつを薄めた液を口の先に置いてやります。
b0238760_11543288.jpg
コクコクと小さく頭を動かして、ぐいぐい飲んでいきます。
b0238760_11542636.jpg

蝶は前足で味がわかるそうで、はちみつ水にも足を突っ込んでしまいます。
そのままにしておくと、ベタベタになって細い足が絡まってしまうので、お食事が済んだら濡れティッシュで足を拭いてあげます。
しばらくして、薄茶色のおしっこをしたらお食事終了。
b0238760_11543042.jpg
部屋が寒いせいか、あまり飛び回りません。
ストーブの近くで体が温まってくると元気に羽ばたくのですが。。。。
お部屋飼いはしやすい状態なので、かわいいペットとして同居しま〜す。







[PR]
by mariposa_y_rosas | 2018-02-07 12:27 | 徒然なること | Comments(0)

このブログのご利用方法


アドレス変更のお知らせ
2018年9月15日をもって「mariposa_y_rosas
@yahoo.co.jp」に変わりました。
アドレスを登録していただいている方は@以下を「@excite」から「@yahoo」へ変更お願いします。

**今後の出展予定**

10/13〜21 岡山「さしこう」木工作家の渡邊主税さんと2人展

10/26〜27 新阪急ホテル2階 すみれの間、横 「秋の感謝祭」

11/9 〜13 金沢 香林坊大和 8階ホール 手仕事フェア

11/18  龍安寺参道商店街 秋祭り

12/5〜11 奈良近鉄 6階催事場 ならリビングフェスタ

12/7 奈良ホテル 奈良ソロプチミスト バザー

12/26〜31 梅田阪急10階 南街区パーク2

2/6〜12 下関大丸5階 趣味広場


左側のカレンダーの日付をクリックすると、その日の記事が表示されます

興味を持っていただいた方はカテゴリ「はじめてのかたへ」オーダーメイドのご注文、お支払い、発送、キャンセルの方法をお知らせしておりますので、ご覧ください

すぐにお求めいただけるオリジナルの作品はコチラから→「NOW ON SALE」

お問い合わせはメール[mariposa_y_rosas@
yahoo.co.jp]までどうぞ

オーダーメイドやリフォームの過程をまとめたパンフレットが完成しました。ご送付を希望される方も上記アドレスまでご送付先をお知らせください。

最新のコメント

ひろ雪夜さま、こんにちは..
by mariposa_y_rosas at 09:15
お久しぶりです。以前に全..
by ひろ雪夜 at 19:57
LaLaLaaKiLan..
by mariposa_y_rosas at 01:34
hiroyukiyaさま..
by mariposa_y_rosas at 13:11
バタフライさま、遅ればせ..
by mariposa_y_rosas at 13:05
蝶々を幼虫から育てて、サ..
by バタフライ at 22:39

フォロー中のブログ

白い虹 
満月アンティーク

ブログジャンル

クリエイター